FX

クォーターバック投資信託徹底解説 – リスク・リターンデータから購入方法まで

finance


はじめに

クォーターバック投資信託は、独自の投資戦略を持つファンドで、米国株式および米国の株価指数先物取引を投資対象としています。本記事では、クォーターバック投資信託のリスク・リターンデータ、運用方法、相対評価、運用の特徴、購入方法、おすすめ証券口座について詳しく解説していきます。また、他のファンドとの比較や過去の実績についても触れていきますので、投資判断の一助としてお役立てください。

クォーターバック投資信託のリスク・リターンデータ

investment

クォーターバック投資信託のリスク・リターンデータについては、1年、3年、5年、10年、設定来といった期間別のデータを確認できます。以下に詳細をまとめました。

リターン(解説)

1年間で-0.37%、3年間で+27.42%、5年間と10年間は不明、設定来では+45.59%というリターンデータがあります。これは、クォーターバック投資信託が過去の各期間ごとにどの程度のリターンを上げてきたかを示すものです。ただし、過去の実績が将来の利回りを保証するものではありません。

リターン(年率)に関しては、1年間で-0.37%、3年間で+8.41%、5年間と10年間は不明、設定来では+9.85%です。リスク(年率)では、1年間で24.57%、3年間で20.68%、5年間と10年間は不明、設定来では23.35%となっています。シャープレシオ(年率)は、1年間で0.05、3年間で0.49、5年間と10年間は不明、設定来では0.52です。

R&I定量投信レーティング

クォーターバック投資信託は、R&I定量投信レーティングによると、先進国株インデックス型(除く日本)(ノーヘッジ)に分類されており、シャープレシオの相対評価は5段階評価で最高位です。シャープレシオは、リターンとリスクを組み合わせた評価指標で、高いほどリスクを抑えた効率的な運用ができていると考えられます。

ただし、他のファンドとの比較を行いながら、投資判断をすることが重要です。この記事の後半では、他のファンドとのパフォーマンス比較もお伝えします。

クォーターバック投資信託の運用方法

investment

クォーターバック投資信託は、レバレッジ型ファンドの問題を解決するために開発された投資戦略を採用しています。その運用方法について、詳しく見ていきましょう。

投資対象と目標指数

投資対象は米国株式および米国の株価指数先物取引であり、S&P500配当貴族指数に連動した成果を目指しています。この指数は、S&P500に含まれる企業のうち、25年以上連続で配当を増加させてきた企業で構成されます。これにより、着実な業績成長を続けている企業を中心に投資することが可能です。

ただし、連動を目指すだけでなく、独自の運用戦略を用いてリターンを追求しているため、S&P500配当貴族指数とのパフォーマンスが必ずしも連動しないこともあり得ます。

運用の特徴

運用の特徴は、株式比率を相場状況に応じて変更することで、大きな値上がりと価格変動リスクの低減を実現します。具体的には、下落局面ではレバレッジを小さくし、上昇局面ではフル活用することで、理想的な運用を目指しています。

これにより、市場が上昇局面にある場合には、積極的にリターンを追求し、下落局面では損失の拡大を抑えることが可能になります。しかし、相場状況に合わせて組入比率を変更することが難しく、予期せぬタイミングで大きな損失を生んでいることもあるため、リスク管理には十分注意が必要です。

他のファンドとの比較

finance

運用成績を評価する上で、他のファンドとの比較も重要です。ここでは、クォーターバック投資信託と他のファンドとのパフォーマンスの違いについて見ていきましょう。

直近3年間の比較

直近の3年間では、クォーターバック投資信託はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)や米国成長株投信に比べてパフォーマンスが劣っており、最大下落率は15.11%である。これは、米国市場に投資している他のファンドとの比較でも、クォーターバック投資信託が十分なリターンを上げていないことを示唆しています。

また、皮肉にも、リターンが高いにもかかわらず、コスト面では他ファンドより高い1.81%の実質コストとなっており、これがリターンを圧迫する要因ともなっていることが懸念されます。

評判と対応状況

クォーターバック投資信託は、評判があまり良くなく、NISAとiDeCoに対応していない。また、パフォーマンスが低いにもかかわらず高いコストがかかっているため、低コストのインデックスファンドと比較して投資するメリットが薄いことが指摘されています。

このような状況を踏まえた上で、クォーターバック投資信託を選択する際には、他の選択肢と比較しながら慎重に判断することが求められます。

クォーターバック投資信託の購入方法

investment brokerage

クォーターバック投資信託を購入するには、ネット証券での口座開設が必要です。ここでは、投資信託の購入方法と、おすすめの証券口座について説明します。

投資信託の購入手順

投資信託の購入手順は、次の5つのステップで行います。

  1. ネット証券で口座開設
  2. 口座への入金
  3. 投資信託の選択
  4. 購入金額の入力
  5. 購入手続きの完了

これらの手続きを経て、クォーターバック投資信託を購入することができます。同様に、投資信託の売り手続きもネット証券で行うことができます。

おすすめ証券口座

残念ながら、クォーターバック投資信託は5大ネット証券では購入できないため、別の証券会社を検討する必要があります。口座開設に際しては、手数料やサービス内容を比較検討し、自分に合った証券会社を選ぶことが重要です。

まとめ

クォーターバック投資信託は独自の運用戦略を持つファンドであり、米国株式および米国の株価指数先物取引を投資対象としています。リスク・リターンデータや運用方法、他のファンドとの比較、購入方法などを検討し、投資判断の一助として活用しましょう。ただし、過去の実績や評判を鑑みると、他のファンドと比較して投資するメリットが薄いという意見もあるため、慎重に検討することが必要です。