FX

長期的なチャートで見るユーロズロチ戦略の勝利の秘訣

currency





ユーロズロチ戦略を考えるブログ

はじめに

この記事では、ユーロズロチ戦略の運用実績と、そのチャートから読み取れる長期的な戦略を解説します。ユーロズロチはポーランドの貿易がEU圏に依存していることから、ユーロとポーランドズロチの通貨ペアであり、相関性が高く人気のある通貨ペアです。

この記事では以下のトピックについて掘り下げていきます。

  1. ユーロズロチ戦略の運用実績
  2. 長期的なチャート分析による戦
  3. ユーロズロチの特性と利益獲得のチャンス
  4. リスク要因の考慮
  5. 短期的な見通しと投資戦略
  6. おすすめのFX会社

ユーロズロチ戦略の運用実績

currency

実績概要

ユーロ/ズロチ戦略の運用実績の推移は、実現損益が+4,042,189円であり、評価損益は+0円で合計損益は+4,042,189円となっています。 また、この戦略は2020年まで運用され、利益を出している実績があります。2023年は有利なレートであり、元本を回収し終えたため、ロスカットされてもプラスで終われるほどの利益が期待されています。

ユーロ/ズロチ戦略では、高値圏にあるため上昇余地が少なく、売りポジションを保有するとプラスのスワップを受け取れます。設定条件は、設定レンジが4.5~5.0でロスカットレートが5.05であり、数量は1,000通貨単位でズロチ/円の交換レートが40円です。必要資金は約100万円であり、設定A~Hに8分割されています。

戦略の詳細

ユーロズロチのチャートを長期的に分析すると、設定A+Bで24万円、設定A~Dで50万円の利益値幅を運用できるバランスの良い戦略があります。ユーロズロチが上昇する場合は、レートをずらしながらスワップの受け取りと回転による決済益を狙います。一方、ユーロズロチが下落する場合はポジションをホールドしてスワップ中心に切り替えます。

この戦略にはインヴァスト証券かトレイダーズ証券が最適であり、インヴァスト証券のスワップが高水準であることが注目されます。また、ユーロズロチ戦略の資金割当の目安として、トラリピの運用資金とユーロズロチの運用資金が示されています。この戦略は自分年金作りの一環として採用されており、追加投資は現在の想定レンジ内に入ってから行われる予定です。

長期的なチャート分析による戦略

Euro, Chart

ユーロズロチの特性

ユーロズロチは値動きに分かりやすい癖があり、スワップも貰えることから人気が高まっています。この通貨ペアは鋭角的に上がった後に鋭角的に戻しやすい特徴があり、トレーダーにとってチャンスが分かりやすいです。

2022年のポジションは一旦手仕舞いしましたが、2023年に入ってまたエントリーできるレベルまで上がってきたため、再開しました。ユーロズロチはポーランドズロチが高金利通貨であるため、売りで入るとスワップも貰えます。具体的には2023年平均で1日123円となっており、年換算で約4.5万円の収益率があります。高金利かつ為替差益も狙いやすいことから、FXトレーダーの間でも人気が高まっています。

利益獲得のチャンス

短期的な見通しとしては、4.7を明確に割り続けられるかがポイントで、4.7近辺ではまだエントリーせずに待つか、スワップ目的の軽めのポジションにしておくことが良いと考えられています。利確目途は自分がエントリーしたタイミングの次の節目であり、急激に上昇し4.9や5.0に来た場合はノックアウトオプションを使ったトレードがおすすめです。

ユーロズロチのチャートを見ると、EUR/PLNの史上最高値は4.95で、仮にズロチ30円として計算すると、必要な資金は4.65スタートで16.5万円、4.6スタートで18万円くらいとなります。スワップ利益を考慮せずにスワップ年利益率を計算すると約22%で、20万円で0.4の上昇に耐えられる計算になります。ユーロズロチの通貨ペアは、急上昇後に急下降する傾向があり、急激な動きが多いです。

リスク要因の考慮

geopolitics

地政学リスク

ただし、ロシア・ウクライナの戦争の拡大や株価の下落などのリスクもありますので、ある程度余裕を持った資金とポジション量で投資することがおすすめです。地政学リスクを適切に評価し、それに対応したポジションサイズやストップロス設定でリスクを抑えながら取引することが重要です。

ユーロズロチでの投資は、リスクを考慮しながら余裕を持ってエントリーし、スワップを貰いながら投資することで人気が高まっています。適切なリスク管理が成功のカギとなります。

経済指標の変化

ポーランドの経済状況も投資のリスク要因として考慮しなければなりません。インフレが拡大し、GDP成長率の鈍化が予想されています。利上げも終了モードに入りつつあり、ポーランドの経済状態は悪化しています。

ただし、ユーロズロチが下がるかは必ずしもそうとは言えず、レンジないし若干下落方向の予想もあります。雇用は引き続き堅調で失業率は低い状態が続いていますが、最近は若干上昇傾向にあります。GDP成長率は2022年第4四半期で最も悪い状態となり、インフレが消費を抑制しているため、2023年の成長率も低くなる予想です。

短期的な見通しと投資戦略

finance

短期的な見通しとしては、4.7を明確に割り続けられるかがポイントで、4.7近辺ではまだエントリーせずに待つか、スワップ目的の軽めのポジションにしておくことが良いと考えられています。利確目途は自分がエントリーしたタイミングの次の節目であり、急激に上昇し4.9や5.0に来た場合はノックアウトオプションを使ったトレードがおすすめです。

短期的な投資戦略では、リスクを最小化しつつも、レートの変動やスワップを利用した利益確保を狙って取引を進めることが必要です。地政学リスクや経済指標の変化にも十分に注意を払いながら、適切なタイミングでのエントリーや利確を意識しましょう。

おすすめのFX会社

finance

ユーロズロチの取引におすすめのFX会社としては、みんなのFXが紹介されています。スプレッドが狭く、取引手数料が安いことから、短期売買を行うトレーダーにも人気があります。また、スワップポイントが高く、長期保有にも有利な条件が揃っています。

適切なFX会社を選ぶことで、より効率的に取引を行うことができます。手数料やスワップポイントなどの条件を比較検討し、自分の投資スタイルに合った会社を選びましょう。

まとめ

この記事では、ユーロズロチ戦略の運用実績や長期的なチャート分析をもとに戦略を解説しました。また、ユーロズロチの特徴やチャンス、リスク要因、短期的な見通しと投資戦略についても説明しました。最後に、おすすめのFX会社についても触れました。

ユーロズロチは魅力的な通貨ペアであり、適切な戦略とリスク管理を行うことで、利益を獲得することができます。地政学リスクや経済指標の変化にも注意を払いながら、戦略に基づいて取引を進めましょう。また、自分の投資スタイルに合ったFX会社を選ぶことも、効率的な取引には欠かせません。

最後に、継続的な学習と実践を通じて、ユーロズロチ取引のスキルを磨くことが重要です。自分のスタイルに忠実でありながら、新たな情報や戦略にも柔軟に対応できる投資家であれば、ユーロズロチ戦略で成功を収めることが可能となります。