FX

高スワップポイントで魅力的なユーロズロチトラリピ戦略を徹底解説!

finance





はじめに

ユーロズロチトラリピは、高いスワップポイントが特徴のユーロ圏の通貨ユーロ(EUR)とポーランドの通貨ズロチ(PLN)を利用した取引戦略です。このブログでは、ユーロズロチトラリピの運用方法や注意点について詳しく解説していきます。また、それぞれの運用手法の実績や設定方法についても紹介します。

ユーロズロチの特徴と魅力

currency

ユーロズロチは、ユーロ圏の好景気やポーランドの貿易状況や金利差などによりスワップポイントが高いことで知られています。そのため、取引戦略によってはスワップポイントだけで利益を積み上げることが可能です。

高いスワップポイント

ユーロズロチは値動きが少ない通貨ペアですが、その分スワップポイントが高いという魅力があります。保有しているだけでも利益が積み重なるため、長期的な投資戦略に向いています。

具体的には、ユーロズロチの売りポジションを保有することでプラスのスワップポイントが得られます。現在、取引を行っているFX会社によっては、スワップポイントが違ってくるため、運用方法に合ったFX会社を選ぶことが重要です。

相関性の高さ

ユーロズロチは、ユーロ圏とポーランドの間の貿易や経済状況によって相関性が高いとされています。つまり、ユーロ圏が好景気であれば、ポーランドも好景気になりやすいという特徴があります。

この相関性のおかげで、ユーロズロチ戦略では売買のタイミングを見極めることができます。例えば、ユーロズロチが高値圏にある時に売りポジションを持ち、スワップポイントを獲得しながら利益を積み上げることが可能です。

ユーロズロチ戦略の設定方法

currency trading

ユーロズロチ戦略を成功させるためには、適切な設定が重要です。以下では、ユーロズロチ戦略の設定方法について、レンジ設定や必要資金、トラリピ設定などを解説していきます。

レンジ設定

ユーロズロチ戦略では、適切なレンジ設定が重要です。通常、設定条件として4.5~5.0の設定レンジが用いられますが、最近の市場状況や通貨ペアの相関性を考慮し、柔軟に設定を行うことが求められます。

現在のユーロズロチは高値圏にあるため、上昇余地が少なくなっています。このため、売りポジションを保有することで、プラスのスワップポイントが獲得できます。

必要資金

ユーロズロチ戦略の運用には、適切な資金の確保が必要です。一般的には、約100万円の資金が必要とされていますが、資金が少ない場合でも設定A(12万円)だけを運用することが可能です。

具体的には、資金が十分確保できている場合は、1セット100万円だけ稼働させる予定で運用します。その後、レンジ内に移動した時の余力資金の状況を見て追加投資の規模を検討することができます。

運用手法の比較と実績

trading

ユーロズロチ戦略にはいくつかの運用手法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。この章では、オートトレードやトラリピ、半自動売買などの運用手法を紹介し、それらの実績について詳しく解説していきます。

トラリピ運用

ユーロズロチトラリピは、設定A+B(24万円)で運用することができます。設定A、C、E、Gは狭めの利確幅で、設定B、D、F、Hは広めの利確幅になっています。設定A+Bで24万円、設定A~Dで50万円とすることで、狭めの利益値幅と広めの利益値幅のバランスが良くなります。

ユーロ/ズロチが上昇する場合は、上方向にずらしながらスワップの受け取りと回転による決済益を狙います。一方、ユーロ/ズロチが下落する場合は、ポジションをホールドしてスワップ中心に切り替えます。

半自動売買運用

ユーロ/ズロチの半自動売買は、IG証券の発注画面やみんなのFXで取引が可能です。現在のユーロ/ズロチの運用実績は、1年ちょっとの期間で278,452円の利益を出しており、年利30%以上の結果となっています。

ユーロ/ズロチの半自動売買を始めるには、適切な設定や取引条件の選択が重要です。どのFX会社が最もスワップポイントが高く、取引条件が良いのかを比較検討することが求められます。

おすすめFX会社と注意点

finance

ユーロズロチ戦略を運用するFX会社には、トライオートが使えるインヴァスト証券やトレイダーズ証券などがあります。インヴァスト証券とトレイダーズ証券はどちらもユーロ/ズロチ戦略が行えるFX会社で、手数料やスワップポイントの違いがあります。

インヴァスト証券とトレイダーズ証券の比較

ユーロ/ズロチ戦略を運用するには、最適なFX会社を選ぶことが重要です。インヴァスト証券とトレイダーズ証券はどちらもユーロ/ズロチ戦略が行えるFX会社で、スワップポイントや取引条件に違いがあります。

インヴァスト証券では、ユーロ/ズロチのスワップポイントが最適であるため、スワップポイントを重視する場合はインヴァスト証券が適しています。一方、トレイダーズ証券では0.1万通貨単位の取引が可能で、多様な取引戦略が行えるため、取引手法に合わせた選択が必要です。

注意点

ユーロズロチ戦略を運用する際に注意すべき点は、トラリピ設定に適切な金額を割り当てることや、市場の変化に応じた柔軟な取引が求められます。また、ユーロズロチの金利状況や市場状況によっては、利益を上げることが難しい場合もあります。

運用を始める際には、現在のユーロ/ズロチの状況や市場状況を十分に理解しておくことが必要です。また、運用リスクを最小限に抑えるためにも、資金管理や適切なポジションサイズの設定が大切です。

まとめ

ユーロズロチトラリピは、高いスワップポイントや相関性の高さを活かした取引戦略です。適切な設定や資金管理を行うことで、ユーロズロチ戦略を成功させることが可能です。

運用に当たっては、目標金額や期間など個人の状況に合わせた資金管理を行い、各FX会社のサービスについて理解し比較検討することが重要です。適切なFX会社の選択や注意点を押さえることで、安全で効果的なユーロズロチトラリピ運用が実現できます。