投資

クォーターバック投資信託徹底解説!リスクとリターンデータに基づく選び方

investment


はじめに

このブログでは、クォーターバック投資信託について詳しく解説します。投資信託のリスク・リターンデータや運用戦略について学び、他の低コストインデックスファンドと比較しながら投資判断を行うことが重要です。また、投資信託の購入・売却方法や米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)の買える証券口座についても解説しています。

クォーターバック投資信託のリスク・リターンデータ

investment

クォーターバック投資信託のリスク・リターンデータを期間別に見てみましょう。以下のデータは、リターン(年率)、リスク(年率)、シャープレシオ(年率)を含んでいます。

期間別のリターン

クォーターバック投資信託の期間別のリターンは、1年間は-1.52%、3年間は+32.82%、5年間は–%、10年間は–%、設定来は+39.13%です。期間別のリターンデータから、近年では積極的な運用成果が得られていることがわかります。

但し、5年間と10年間のリターンデータがないため、長期的なパフォーマンスについては確認できません。この点に注意しながら、投資判断を行う必要があります。

リターン(年率)、リスク(年率)、シャープレシオ(年率)

クォーターバック投資信託のリターン(年率)は、1年間は-1.52%、3年間は+9.92%、5年間は–%、10年間は–%、設定来は+8.80%です。また、リスク(年率)は、1年間は24.15%、3年間は21.11%、5年間は–%、10年間は–%、設定来は23.53%です。

シャープレシオ(年率)は、1年間は0.14、3年間は0.55、5年間は–、10年間は–、設定来は0.48です。シャープレシオの相対評価は5段階評価で最高位の「5」となっています。シャープレシオはリスクとリターンのバランスを示す指標であるため、この評価が高いことはクォーターバック投資信託の良い点です。

クォーターバック投資信託の運用戦略

investing

クォーターバック投資信託の運用戦略は、レバレッジ型ファンドの問題を解決するために開発されました。レバレッジを活用しながら、下落局面ではレバレッジを小さくし、上昇局面ではフル活用することで、理想的な運用を目指しています。

投資対象

クォーターバック投資信託の投資対象は、米国株式および米国の株価指数先物取引です。つまり、主にS&P500配当貴族指数に連動した成果を目指して運用されています。この指数は、優良企業の株式を取り入れたポートフォリオとして知られており、投資家にとって魅力的な対象となっています。

特に、配当利回りが高い企業に投資することで、長期的なキャッシュフローの向上を目指しています。このような投資戦略は、経済の不安定さをカバーするのに役立ちます。

運用の特徴

クォーターバック投資信託の運用の特徴は、株式比率を相場状況に応じて変更することで、大きな値上がりと価格変動リスクの低減を実現します。これにより、株式市場が急上昇した際にはフル活用し、下落局面ではリスクを低減させることができるため、効率的な運用が可能となっています。

しかし、この運用戦略は相場状況に合わせて組入比率を変更することが難しく、予期せぬタイミングで大きな損失を生んでいることがあるため、注意が必要です。

クォーターバック投資信託の評価と競合他ファンドとの比較

investment

クォーターバック投資信託の評価を考慮すると、下位10%の水準に位置しており、他にも優れたファンドが存在することがわかります。そのため、投資するメリットは高いコストを支払う価値がないとされています。他の低コストのインデックスファンドと比較することが賢明であるとされています。

直近のパフォーマンス

直近の3年間では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)や米国成長株投信に比べてクォーターバック投資信託のパフォーマンスが劣っており、最大下落率は15.11%である。これは、運用戦略のリスクや組入比率の変更の難しさによるものとされています。

また、評判もあまり良くなく、個人向け日本版ISA(NISA)や個人型確定拠出年金(iDeCo)には対応していないため、選択肢が限られてしまっています。

米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)の概要および購入方法

investment fund

米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)は、米国へ100%の投資を行う投資信託であり、S&P500配当貴族指数をベンチマークにしています。投資信託の購入にかかる手数料は1.76%であり、純資産額は97.75億円です。

購入方法

米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)の買い方は、ネット証券で投資信託を買う流れを紹介します。ネット証券のログイン画面でIDとPWを入力し、ログイン投資信託検索画面で「米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)」を入力し、検索購入したい投資信託を選択商品詳細画面で最新情報を確認後、注文画面に進む注文画面で「金額」「頻度」「口数」などの必要事項を入力し、発注 STEP4で注文画面に進む際に、「積立購入」「スポット購入」などの購入方法を先に選択するネット証券もあります。

投資信託はいつ買うのがおすすめ?市場価格は、市場の情報を反映した適正価格には変わりないので、いつ購入しても、そのタイミングの適正価格となります。

売却方法

米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)の売り方は、ネット証券で投資信託を売る流れを紹介します。ネット証券のログイン画面でIDとPWを入力し、ログインマイページから、保有商品一覧に進む「米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)」の「売却」「解除」等をタップし、注文画面に進む注文画面で「金額」「口数」などの必要事項を入力し、売却保有している投資信託をすべて売る場合、STEP4の注文画面で「金額」や「口数」などの入力は不要です。

まとめ

クォーターバック投資信託は、運用戦略やリスク・リターンデータに一定の魅力があるものの、他の低コストインデックスファンドと比較することが重要です。米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)などの他のファンドと比較し、購入・売却方法や証券口座を選定することで、最適な投資判断ができるでしょう。