投資

投資信託初心者必見!今が買い時かどうか見極めるポイントと注意点

investment

はじめに

投資初心者の中で、投資信託の買い時が分からない状況に悩む人は多いです。投資信託は多くの投資家から資金を集めて運用する人気の投資商品であり、初心者でも理解しやすいとされています。しかし、投資信託の基準価額や他の指標を見ても買い時を見極めるのは難しいものです。この記事では、投資信託の買い時を知るためのいくつかのポイントや注意点を解説し、投資信託に関する知識を深めることを目指しています。

投資信託の基準価額とその意味

investment

投資信託の価格判断に使用される基準価額は一般的な用語ですが、その価格だけでは正確な判断はできません。基準価額は毎日変動しますが、その価格が高いからと言って良い投資信託とは限りません。それでは、どのようなポイントに注目して投資信託を選ぶべきでしょうか。

基準価額の変化のチェック方法

投資信託のおかげで基準価額の変化は容易に確認できます。それが投資信託の月次レポートです。このレポートを見ることで、基準価額の上昇や下落の傾向を把握し、投資判断の参考にすることができます。

また、投資信託の基準価額は、分配金が出る度に減少するという性質があります。これは、投資信託の運用益が投資家に分配される際、その分だけ基準価額が下がるためです。このような理由から、基準価額だけで投資信託の割安度や割高度を判断するのは難しいと言えます。

他の指標や毎月一定の金額を購入する方法

基準価額だけで投資信託の割安か割高かを判断できないとすれば、他の指標も確認して判断することが重要です。例えば、過去の運用実績や、投資信託がどのような銘柄に投資しているかなどを参考に、市場全体と比較してどの程度のリスクとリターンがあるかを分析することができます。

その他、毎月一定の金額で投資信託を購入し続ける方法もあります。この方法はドルコスト平均法と呼ばれ、リスクをも分散させる効果があります。投資信託は中長期投資に向いており、この方法と相性が良いとされています。

積立投資とドルコスト平均法

investment

購入タイミングを図るのが難しい投資信託で利益を上げる方法ですが、積立投資が初心者に適しています。積立投資は時間を分散させて少額ずつ購入する方法であり、ドルコスト平均法に基づいています。この方法を適用することで、リスクを抑えることができます。では、具体的にどのように積立投資を行うべきでしょうか。

自分にあった投資額で積立投資を継続

投資信託を始めるタイミングは、自分に適した投資額で積立投資を継続できる時です。そのためには、自分の経済状況やリスク許容度を把握し、適切な投資額を見極めることが大切です。毎月一定の金額を投資し続けることで、時期を分散させリスクも分散できます。

また、投資信託を購入する場所も重要です。金融機関によって提供される投資信託の種類や利用できるツール、サポート内容、手数料が異なります。初心者に取り組みやすい環境を整えている金融機関を選ぶことが大切です。

ドル・コスト平均法の活用

ドル・コスト平均法は、投資額を一定に保ち、投資期間を分散させることでリスクを軽減する方法です。これにより、投資信託の価格が高いときは少ない量を購入し、価格が安いときは多くの量を購入することになります。このため、平均的な購入価格を下げることが可能となり、投資のリスクを抑えられるわけです。

また、ドル・コスト平均法は中長期の投資に向いており、投資信託と相性が良いとされています。一定の金額を継続して投資することで、運用期間が長くなるほど利益を上げることが期待されます。この方法で投資すれば、市場価格の変動に一喜一憂することなく着実に資産形成を行うことができます。

投資信託の買い時と売り時のポイント

investing

投資信託の売買において、明確な正解は存在しません。しかし、買い時や売り時のポイントを把握しておくことで、資産運用を始める準備が整ったり、利益を逃さず確定させることができます。では、具体的にどのようなポイントを見極めるべきでしょうか。

投資信託の買い時

投資信託の買い時は、マネープランを立てたとき、余剰資金がある時、世界経済がこれから良くなると予想したときです。このようなタイミングで投資信託を購入すれば、適正な価格での購入と考えられます。しかし、市場価格の変動によってタイミングが変わるため、自分が買いたいと思った時が最も適切な買い時と言えます。

また、ドル・コスト平均法を活用して定期的に投資信託を購入する方法もおすすめです。この方法では、リスク分散を図りつつ、価格変動の影響を最小限に抑えて投資を行うことができます。

投資信託の売り時

投資信託の売り時は、お金が必要になったときや、NISAの非課税期間が終了し利益が出ているときです。NISAでの売却益は非課税なので、非課税期間終了後に一般口座に移して売却するよりも、NISA口座で売却した方が税金分だけ利益が大きくなります。また、市場価格が上がり利益を確定させたい場合も売り時です。この場合、事前に売値を決めておき、その価格になったら自動的に売却するルールを設定すると良いでしょう。

投資信託の運用において、損をしないためには手数料が高くない商品を選び、運用コストを抑えることが重要です。おすすめの投資信託は、eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)、eMAXIS 全世界株式(3地域均等型)などが挙げられます。

まとめ

投資信託の買い時と売り時は難しく、明確な正解が存在しませんが、積立投資やドル・コスト平均法を活用することで、リスクを抑えながら着実な資産形成が可能です。買いたいと思った時が最も適切な買い時であり、自分に合った金額で継続的に投資を行うことが大切です。また、投資信託を売るタイミングも、自分の状況に応じて適切な判断を行うことが求められます。投資信託に関する知識を深め、適切な投資を行うことで、資産運用の成功に繋げましょう。