投資

投資信託入門!初心者から上級者まで活用できる魅力とコツ

finance

はじめに

投資信託は、初心者から上級者まで幅広い投資家が活用できる金融商品です。運用の専門家が選んだり運用したりしてくれるため、自分で株式や債券などを選ぶ必要がありません。また、リスクを抑えるために分散投資ができることや、少額から始められる点が魅力となっています。さまざまな商品やサービスが提供されているため、自分の目的やニーズに合った投資信託を見つけることができます。この記事では、投資信託のメリットやデメリット、種類や選び方などについて詳しく解説していきます。

投資信託のメリット

investment

投資信託には、多くのメリットがあります。特に、初心者には非常に魅力的なメリットがありますので、まずはそのメリットについて詳しく解説しましょう。

プロによる運用

投資信託では、運用会社の専門家が株式や債券、不動産などの投資先を選定し、運用します。これにより、投資初心者であっても安心して資産運用に取り組むことができます。また、運用会社が独自の調査力や分析力を活用して投資を行うため、個人投資家が自分で情報収集や分析を行う必要がありません。

運用会社が投資信託の運用を行うことで、投資家の時間や手間をかけずに、より効率的な資産運用が可能になります。そのため、忙しいビジネスマンや専門知識を持っていない初心者投資家には、特に投資信託がおすすめです。

分散投資でリスクを抑える

投資信託は、複数の投資家から集められた資金をプールし、さまざまな投資先に分散投資します。この分散投資の効果により、個別の銘柄や投資先に関連したリスクを軽減することができます。例えば、一部の株価が下がったとしても、他の株価が上がれば全体としての損失は抑えられます。

また、国内株式だけでなく、海外株式や債券、不動産など幅広い投資先に投資することができるため、市場全体のリスクを分散することも可能です。それにより、個別の投資によるリスクを軽減することができ、安心して資産運用に取り組むことができます。

投資信託のデメリット

investment

投資信託には多くの魅力がありますが、デメリットも存在します。投資を始める前に、デメリットを理解し、リスク対策をしっかりと行いましょう。

元本割れのリスク

投資信託は、株式や債券に投資することで利益を狙いますが、その反面、元本割れのリスクも存在します。投資がうまくいかなかった場合、投資金額が減少する可能性があります。また、運用期間が短い場合や市場環境が不安定な時期に投資を行うと、リスクが高まることがあります。

元本割れのリスクを回避するためには、長期的な視点で投資を続けることが重要です。また、投資信託を複数組み合わせることで、リスクを分散させることも効果的です。

手数料がかかる

投資信託は、運用会社が運用を行っているため、手数料がかかります。多くの場合、購入手数料や信託報酬(運用手数料)がかかることが一般的です。これらの手数料は、投資家のリターンに影響を与えるため、投資信託を選ぶ際には手数料も考慮に入れる必要があります。

ただし、最近では、ネット証券会社やロボアドバイザーなどを利用して、手数料が低い投資信託を選ぶことができるようになっています。また、手数料が安いだけでなく、リターンも高い投資信託を見つけることができれば、より効率的な資産運用が可能となります。

投資信託の種類と選び方

investment

投資信託にはさまざまな種類があります。自分に合った投資信託を選ぶためには、投資の目的やニーズに合わせて選ぶことが重要です。

運用対象商品による区分

投資信託は、運用対象商品によって大きく分類されます。株式投資信託は、主に株式に投資するものであり、値上がり益や配当を狙っています。債券投資信託は、国債や社債などの債券を中心に運用し、利回りを狙っています。また、不動産投資信託(REIT)は、不動産に投資し、賃貸収入や物件売却益を狙っています。

投資信託を選ぶ際には、自分の投資目的やリスク許容度に合わせて、運用対象商品を選ぶことが重要です。例えば、リスクを抑えて安定した運用を狙いたい場合には、債券投資信託が適しています。一方、リターンを追求し、リスクを許容できる場合には、株式投資信託や不動産投資信託が適しています。

運用スタイルによる区分

投資信託は、運用スタイルによっても分類されます。インデックスファンドは、特定のインデックス(株価指数など)を追跡するように運用される投資信託であり、安定したリターンを狙うことができます。また、アクティブファンドは、運用会社の専門家が独自の投資判断によって選定し、運用を行う投資信託です。こちらは、インデックス超過リターンを狙うことができますが、リスクも高まることがあります。

運用スタイルを選ぶ際には、自分の投資スタンスやリスク許容度を考慮することが重要です。インデックスファンドは、リスクを抑えて安定した運用を狙いたい場合に適しています。一方、アクティブファンドは、リスクを許容して高いリターンを狙いたい場合に適しています。

節税しながら投資できる制度

青空

投資信託は、節税しながら投資を行うことができます。非課税制度を利用することで、税金を節約しながら、資産運用に取り組むことができます。

NISA(少額投資非課税制度)

NISAは、2014年から開始された少額投資非課税制度であり、運用益が非課税になる制度です。NISA口座で購入した投資信託の運用益(キャピタルゲインやインカムゲイン)が、所得税や地方税が課されない非課税となります。年間投資額の上限は、一般NISAの場合は120万円、つみたてNISAの場合は40万円までとなっています。

NISAは、手続きが簡単で利用しやすい点が魅力です。また、課税される利益がないため、投資家は純粋に利益だけを得ることができます。投資信託を利用して始めるNISAは、税金を節約しながら資産を増やすことができるため、多くの投資家におすすめです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoは、個人型確定拠出年金の略であり、自分で選んだ投資信託で運用し、老後の資金を積み立てる制度です。iDeCoで購入した投資信託の運用益は非課税となり、また、掛け金も所得控除の対象となります。これにより、節税しながら資産運用ができます。

iDeCoは、将来の年金を自分で運用することができるため、老後資金を増やすための手段として、多くの投資家に利用されています。また、証券会社や金融機関で提供されているさまざまな投資信託から選ぶことができるため、自分に合った運用が可能となります。しかし、iDeCoは長期間の運用が前提であるため、途中で資金を引き出すことができない点に注意が必要です。

まとめ

投資信託は初心者から上級者まで幅広い投資家におすすめの金融商品です。運用の専門家による運用や分散投資によるリスク軽減、豊富な商品ラインアップが魅力です。ただし、リスクやコストも考慮に入れる必要があります。また、節税制度を利用することで、より効率的な資産運用が可能となります。

自分の投資目的やリスク許容度に合わせて、適切な投資信託を選びましょう。さまざまな種類の投資信託が存在するため、自分に合った商品を見つけることができます。投資信託を活用して、安定的な資産運用を行いましょう。