FX

DMM FX 通貨ペア徹底解説!初心者必見の21種類の特徴と取引の注意点

forex trading






はじめに

このブログでは、dmm fx 通貨ペアについて取り扱います。FX初心者は通貨ペアを理解することが大切です。FXで取引できる通貨ペア数はいくつも存在し、幅広くトレードできるものの、利益を出せるかどうかは別問題です。ここでは、dmm fxが提供する全21種類の通貨ペアについて解説し、各通貨ペアの特徴や取引の注意点などを詳しく説明いたします。

メジャー通貨とマイナー通貨

currency

FXで取引できる通貨ペアは、メジャー通貨同士の組み合わせ、もしくはメジャー通貨とマイナー通貨の組み合わせになっています。それぞれの通貨の特徴を理解して取引することが大切です。

メジャー通貨とは?

メジャー通貨とは、世界的に取引量が多く、流動性が高い通貨のことを指します。代表的なメジャー通貨は、米ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル、スイスフランです。メジャー通貨同士の通貨ペアは、値動きが安定しており、リスクを低減できる可能性が高いため、FX初心者に向いています。

また、メジャー通貨同士の通貨ペアは、スプレッドが狭く、比較的スプレッドコストを意識せずに取引できるという利点があります。取引のしやすさなどから、初心者にとってメジャー通貨は取引のスタート地点として適していると言えるでしょう。

マイナー通貨とは?

一方、マイナー通貨とは、取引量が少なく流動性が低い通貨のことを指します。主要なマイナー通貨には、南アフリカランドやメキシコペソなどがあります。マイナー通貨は価格変動が大きいため、利益のチャンスも大きいですが、リスクも高くなります。

初心者がマイナー通貨で取引をする場合、急激な価格変動によるリスクに注意が必要です。しかし、マイナー通貨同士の通貨ペアには、独自の取引の魅力や金利差を利用した長期投資などがありますので、それぞれの通貨ペアの特徴を理解した上で慎重に取引を進めることが重要です。

dmm fx 通貨ペアの主要な取引特徴

currency pair

ここでは、dmm fxが提供する主要な通貨ペアについて、その取引の特徴や注意点を具体的に説明します。

米ドル/円

米ドル/円は、世界中で最も取引の多い通貨ペアの一つです。そのため、流動性が高く、緩やかな値動きが特徴です。取引量が朝から昼過ぎにかけて増え始め、ニューヨーク市場がオープンすると取引が最も活発化します。

米ドル/円は、米国や日本の経済状況の影響を受けやすく、ファンダメンタルズ分析も重要となります。為替レートが大きく変動する要因として、米国の雇用統計や日本の貿易統計、中央銀行の金利政策などが挙げられます。

ユーロ/円

ユーロ/円は、ユーロと日本円を組み合わせた通貨ペアで、比較的トレンドが出やすく初心者でも扱いやすいとされています。値動きが緩やかな朝から昼過ぎまでの間に、ロンドン市場がオープンすると活発に動き始めます。

ユーロ/円の値動きを見通すためには、ユーロ圏各国の経済指標に注目が必要です。特に、欧州中央銀行の金利政策やユーロ圏のインフレ率、経済成長率などが重要な指標となります。

ユーロ/米ドル

ユーロ/米ドルは世界一の取引量を誇り、流動性が高いため短期売買に適しています。値動きが活発になるのはロンドン市場とニューヨーク市場の動き出す時間です。ユーロ/米ドルの値動きは、両通貨が大国通貨であるため、世界経済や政治情勢による影響も大きく受けやすい通貨ペアです。

取引する際には、欧州中央銀行(ECB)や米国連邦準備制度(FRB)の金利政策や世界経済の動向、エコノミック・カレンダーなどをチェックしておくことが重要です。

南アフリカランド/円

南アフリカランド/円は、南アフリカランドと円を組み合わせた通貨ペアで、金利差を狙った中長期トレードが人気です。流動性が低くボラティリティが高いため、リスクに注意が必要です。南アフリカ共和国の経済や金融情勢が安定的ではないため、金融危機などが起こると急落する可能性もあります。

南アフリカランド/円を取引する場合、南アフリカ共和国の経済指標や金利政策、世界経済の動向などに注目することが求められます。また、リスク管理の面から適切なポジションサイズやレバレッジを設定して取引を行うことが重要です。

取引時間と注意事項

finance

dmm fx 通貨ペアは、OTC取引であり、インターネットを通じて行われます。取引期間は指定されておらず、夏時間は月曜日の07時00分から土曜日の05時50分まで、冬時間は月曜日の07時00分から土曜日の06時50分までです。取引ルールや注意事項を理解しておくことで、スムーズに取引を進められます。

取引ルール

取引銘柄は21通貨ペアで、各通貨ペアの取引単位は10,000通貨です。取引上限は1回の注文数量の上限が100Lot(100万通貨)であり、同一注文レートに対する指値・逆指値注文の注文数量の上限は合計100Lot(100万通貨)です。建玉数の上限は最大1,000件で、全通貨ペアの建玉限度数量(Lot)は合計10,000Lotまでです。

取引手数料は無料であり、追加証拠金額は証拠金維持率判定時刻に100%を下回った場合に反映されます。ロスカットは証拠金維持率が50%以下となった場合に実行されます。注文の有効期限は今日中、今週中、無制限、期間指定のいずれかです。

注意事項

システムメンテナンスのため、土曜日の12時00分から18時00分までログインができません。また、システム障害時には注文を受け付けることができません。そのため、取引中に問題が発生した場合には、すぐにサポート窓口に連絡して対応してもらいましょう。

通知メールにはロスカット通知や純資産額不足通知など、さまざまな通知があります。これらの通知に注目することで、ポジションの管理がしやすくなります。また、ログイン成功通知やログイン失敗通知なども含まれていますので、アカウントのセキュリティ管理に役立ちます。

まとめ

以上がdmm fx 通貨ペアの概要と取引の特徴、注意点についての説明です。FX初心者が通貨ペアを理解し、トレードの幅を広げることは重要です。dmm fxでは全21種類の通貨ペアを取引できますが、各通貨ペアには特徴があり、値動きの大きさや取引のしやすさなどが異なります。

特徴を理解した上で取引を行い、状況に応じて適切な通貨ペアを選択することで、安定した利益を上げることができるでしょう。また、取引時間や注意事項を把握しておくことも、スムーズで安全な取引を行うために重要です。