投資

投資信託の買い時を見極める!今がチャンスか判断する方法と人気投信紹介

investment





はじめに

投資初心者の中には、投資信託の買い時がいつなのか悩んでしまう人も多いです。基準価額を見て判断する人もいますが、基準価額だけでは正確な判断はできません。この記事では、投資信託の買い時に関する考え方や、投資信託の購入タイミングを図る方法を紹介します。また、投資信託の購入先や人気投信についても触れます。最後に、投資信託の売り時についても解説します。投資信託を始めたいけど、買い時がわからないという方はぜひ参考にしてみてください。

投資信託の買い時について理解しよう

investment

まずは、投資信託の買い時についての考え方を理解しておきましょう。投資信託は「安い時に買って、高い時に売る」ことができれば大きな利益を得ることができますが、実際には買い時と売り時を正しく当てることは困難です。

買い時を見極める方法

市況変動を予測することが難しいとすれば、「余裕資金がある時は、思い立った時が買い時」かもしれません。また、「買い付け時期を分散すること」はリスクを小さくする一つの方法です。投資信託は多くの証券に分散投資してリスク軽減を図っていますから、これに投資家が時間分散を加えればリスクを一層小さくすることができます。

さらに、「一定の金額(等金額)」を継続投資していくと、買い付け単価を引き下げていくことができます。アメリカでは「ドル・コスト平均法」と呼ばれている方法で、値段の変動のあるものを同じ金額ずつ買っていくと、高い時には少ない量を買い、安い時には多くの量を買うことになり、平均単価を引き下げられます。

判断材料となる指標

投資信託の買い時を判断する材料としては、基準価額や経済状況などが挙げられますが、それらだけでは正確な判断は難しいです。基準価額は分配金が出ると減少し、欲しい人が多ければ上がるわけではありません。月次レポートで確認することができます。

そのため、基準価額だけで判断せず、他の指標も確認して購入するか、積立投資を検討しましょう。また、経済の動向や政治的な要因、企業決算なども考慮に入れるとよいでしょう。このように、投資信託の買い時の判断は複合的な要素を考慮する必要があります。

投資信託の購入先や人気投信について知ろう

青空

投資信託の購入先も重要で、金融機関によって種類や利用できるツールが異なります。また、人気の投資信託や手数料が安い商品を選ぶことで、利益の最大化を図ることができます。

購入先の選び方

投資信託の購入先を選ぶ際には、金融機関ごとに異なる商品ラインナップや手数料を比較しましょう。銀行や証券会社など、さまざまな金融機関で投資信託が扱われていますが、それぞれの機関には独自の投信商品や運用方針があります。

また、ネット証券などのオンライン金融機関では、低コストで多くの投資信託を取り扱っていることが多いため、初心者におすすめです。オンライン金融機関の中には、投資信託の購入手数料が無料のものもありますので、手数料負担を軽減することができます。

人気投信とその選び方

人気の投資信託は、多くの投資家から支持されていることから安心感があります。また, パフォーマンスが良いことや、リーマンショックなどの市場変動に強いことも人気の理由です。

人気投信を選ぶポイントとしては、運用成績が良好で手数料が低いことが挙げられます。また、インデックス投資信託を選ぶこともおすすめです。インデックス投資信託は、経済指標と同じ値動きを目指した商品であり、長期投資に適しています。現在は、eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)、eMAXIS 全世界株式(3地域均等型)がおすすめの投資信託です。これらの商品はインデックス投資信託であり、手数料も低く、コロナ禍でも安定した運用成績を示しています。

投資信託の売り時の見極め方

investment

投資信託の売り時についても正確な判断が重要です。売り時を見極めることで、利益を確定させたり、資金が必要になった場合に適切なタイミングで売却することができます。

適切な売り時の条件

投資信託の売り時は、目標金額を達成した時、資金が必要になった時、自分の予測が外れた時がおすすめです。また、NISAの非課税期間が終了し、利益が出ている場合も売り時です。非課税期間終了後に売却するよりも、NISA口座で売却した方が税金分だけ利益が大きくなります。

市場価格が値上がりし、利益を確定させたい場合も売り時です。売りに出せない場合はあらかじめ売値を決めておき、その価格になったら自動的に売却するルールを設定することもできます。

売り時を見極めるための注意点

投資信託を売るタイミングに明確な正解はありませんが、資産運用を始めることができなかったり、利益を逃してしまったりすることもあるので、注意が必要です。また、売り時の判断には、投資信託の運用状況や市場全体の動き、自分自身の資産状況など、さまざまな要因を考慮することが大切です。

自分や家族の将来設計やマネープランを立てた時、余剰資金がある時、世界経済がこれから良くなると予想した時が売り時とされています。適切な売り時を見極めることで、投資信託による資産運用がより効果的になるでしょう。

まとめ

投資信託の買い時や売り時に明確な正解はないものの、積立投資やドルコスト平均法といった方法を利用することで、リスクを抑えながら効果的な投資ができます。また、人気の投資信託や購入先を選ぶことも、利益を最大化するために重要です。投資信託は長期投資が前提であり、複利効果を活用して資産を増やしていく運用方法です。慌てず焦らず、自分に合った投資を行うことが大切です。