投資

投資信託買い時の見極め方:基準価額や戦略を理解して成功へ導く!

investment


はじめに

投資信託は主に長期投資を目的とした金融商品で、誰しも安い時に購入したいですが、市場の変動を正確に予見することは難しいものです。これを解消するために積立投資やドルコスト平均法が初心者におすすめされています。この記事では、投資信託の買い時に関する概要や注意点、おすすめの投資信託などについて詳しく解説していきます。

投資信託の買い時の判断方法

finance

基準価額を考慮する

投資信託の購入を検討する上で知っておくべき言葉は「基準価額」です。基準価額とは、投資信託の価値を示す指標であり、株式市場の上下動に左右されるため毎日変動します。しかし、基準価額だけで判断するのはリスキーであり、他の金融指標も合わせて確認することが重要です。

また、分配金の発生によって基準価額は減少することがありますので、投資信託の運用成績をチェックする際は月次レポートを参照してください。

積立投資を活用する

投資初心者におすすめなのが積立投資です。ドルコスト平均法を用いることによって、毎月一定の金額を投資信託に積み立てることができます。これにより、市場が上昇局面でも下降局面でも、定期的に購入することでリスクの分散が可能となります。

日本では、確定拠出年金制度や収益に税金がかからないつみたてNISAなどが導入されており、定期的に投資信託への定額投資が増えています。このように順調に投資信託を購入していくことで、長期的な資産形成や利益が期待できます。

底値狙いの注意点

investing

1度のタイミングで全資産を投資しない

投資信託の買い時を底値狙いで判断する際に注意すべき点は、一度に全資産を投資しないことです。まず、一度のタイミングで全資産を投資することはリスクを高めることになります。

リスクを分散させるために、投資時期を分散させることが望ましいです。この方法であれば、市場の動きによる影響を抑えられるだけでなく、買い時を逃すリスクも減らすことができます。

長期運用を視野に入れる

投資信託は長期的な資産運用を前提とした金融商品であり、相場の変動に慌てずに対応することが重要です。

たとえ大幅に株価が下落したリーマンショックの後でも、現在の株価はショック前のピーク時の価格を大きく上回っています。従って、長期運用が前提である投資信託の場合、焦らず市場を見極めながら購入を続けることが大切です。

おすすめの投資信託商品

investment funds

手数料の安い投資信託を選ぶ

投資信託の選び方のポイントとして、「手数料が安い商品を選ぶこと」が重要です。手数料が低いことによって、運用成績に直接影響し、利益が出る可能性が高まります。

また、インデックス投資信託の選択もオススメです。インデックス投資信託は、特定の株式指数に連動する投資成果を目指しており、運用の効率化とリスク分散が期待できます。

具体的なおすすめ投資信託

具体的には、eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)、eMAXIS 全世界株式(3地域均等型)などがおすすめです。これらの投資信託は、手数料が低く、安定した運用成績を有しています。

しかし、投資先は自分の投資目的やリスク許容度に応じて選ぶことが大切であり、一概にこの投資信託が最適とは言えません。複数の投資信託を比較検討することで、自分に合った最適な投資信託を見つけられるでしょう。

一言で言えば、いつ買っても大丈夫

finance

市場価格は適正価格を反映

投資信託の現在の市場価格は、市場の情報を反映した適正価格に変わりません。したがって、いつ投資信託を購入しても、そのタイミングの適正価格で購入していることになります。投資信託を始めるタイミングは、自分や家族の将来設計やマネープランを立てた時、余剰資金がある時、世界経済がこれから良くなると予測した時がおすすめです。

将来的な利益を狙って投資信託に取り組む場合は、長期的な目線が重要です。短期的な利益に囚われず、長期的な視点で運用することで、より効果的な資産形成が期待できます。

積立投資でリスクを抑える

先述の通り積立投資を利用すれば、安い時に多く買い、高い時に少なく買うことが可能です。また、経済は長期的には成長するため、投資を始めるなら早いほど良いでしょう。

既に投資をしている場合は、リバランスをするタイミングで買い増すことがおすすめです。リバランスは資産配分の比率を調整するため、安くなった資産を買い増すことができます。リバランスのタイミングはあらかじめ決めておくことがおすすめで、投資信託の買い時に迷うことはありません。

まとめ

投資信託の買い時はいつなのか、正確に判断するのは難しいですが、積立投資やドルコスト平均法を活用することでリスクを抑えながら資産運用が可能です。また、適切な投資信託を選ぶことも重要であり、手数料が低く安定した運用成績を持つ投資信託を選ぶことがおすすめです。最終的には、自分の投資目的やリスク許容度に基づいて選ぶことが大切です。

運用開始時期は、適正価格で購入している事実は変わらないため、迷わず取り組んでみることが良いでしょう。投資信託について理解し、最適な運用を行うことで、豊かな資産形成を実現できます。