投資

クォーターバック投資信託:成功への道!リスク・リターンをバランスよく収益アップ

finance


はじめに

クォーターバック投資信託は、リスクとリターンのバランスを取りながら投資成果を目指す投資信託です。ここでは、三つ異なる運用タイプのクォーターバック投資信託についてのリスク・リターンデータ、米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)、運用期間の検討、投資対象と特徴、費用面について詳しく述べます。最後に、他ファンドとの比較や要注意ポイント、まとめを述べることで、投資判断の一助となることを目指します。

クォーターバック投資信託:リスク・リターンデータ

finance

先進国株インデックス型(除く日本)(ノーヘッジ)

2023年12月末時点のリスク・リターンデータを持つこの投資信託は、1年間のリターンが+17.53%、3年間のリターンが+33.51%です。また、シャープレシオは1年間で0.80、3年間で0.56となっており、リスク調整後のリターンも良好であると言えます。

また、R&I定量投信レーティングによると、この投資信託は先進国株インデックス型(除く日本)(ノーヘッジ)に分類されており、シャープレシオに基づいて相対評価されています。

先進国株インデックス型(除く日本)(フルヘッジ)

この投資信託は、1年間のリターンが+5.53%、3年間のリターンが-6.26%です。リターンの年率は1年間で+5.53%、3年間で-2.13%となっており、リスクの年率は1年間で23.63%、3年間で21.95%です。

また、シャープレシオの年率は1年間で0.34、3年間で0.01となっており、リスク調整後のリターンも低めです。ただし、R&I定量投信レーティングでは、シャープレシオの相対評価で最高位の「5」となっています。

米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)の概要と評価

finance

運用会社や手数料、初心者に対するおすすめ度

三菱UFJアセットが運用するこの投資信託は、手数料が1.76%であり、初心者に対するおすすめ度は0.875点/5点と評価されています。純資産額は97.14億円であり、基準価額は10,958円、騰落率は+4.04%です。

また、利回りが-3.72%であり、つみたてNISAでの購入ができません。手数料は購入時手数料3.3%、信託報酬1.76%、信託財産留保額0.0%、解約手数料0.0%となっています。

投資戦略と投資対象

米国へ100%の投資を行うこの投資信託は、S&P500配当貴族指数をベンチマークにしています。投資対象は米国株式および米国の株価指数先物取引であり、理想的な運用成果を目指しています。

運用の特徴は、株式比率を相場状況に応じて変更することで、大きな値上がりと価格変動リスクの低減を実現しています。純資産総額は250億円程度であり、実質コストが1.81%となっています。

運用期間による成果と費用

finance

20年間の運用結果

クォーターバック投資信託では、基準価額10,958円で毎月30,000円を20年間投資すると、20年後の最終運用結果は5,083,931円になります。ただし、信託報酬が1.76%であり、最大で1,049,339円の手数料が差し引かれるため、手元のお金は3,165,408円減ることになります。

この運用結果を他のインデックスファンドや投資信託と比較することで、運用期間による違いや費用負担の差を検討することができます。

手数料の影響

クォーターバック投資信託の信託報酬は1.76%であり、投資信託を保有期間中は毎日差し引かれます。20年間で差し引かれる手数料総額は3,330,321円以上になる可能性があります。

これを踏まえ、投資信託を選ぶ際には、手数料や信託報酬が適正であるかどうかを確認することが重要です。低コストのインデックスファンドなど、他の投資信託と比較して適切な選択を行いましょう。

クォーターバック投資信託の投資対象と特徴

investment

投資対象

クォーターバック投資信託は、米国株式および米国の株価指数先物取引を主な投資対象としています。S&P500配当貴族指数に連動した成果を目指し、積極的な運用が行われています。

米国市場は世界最大の市場であり、多くの優良企業が上場しています。このため、米国株式への投資は投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

特徴

クォーターバック投資信託は、投資対象となる株式の比率を相場状況に応じて調整することが特徴です。市場が上昇局面にある場合は積極的に株式に投資し、下落局面ではレバレッジを小さくしてリスクを低減する戦略が取られています。

この特徴により、市場の変動に対応しながらリターンを追求することが可能です。ただし、市場の変動に対応するためのアクティブ運用は手数料がかかるため、コスト面でも注意が必要です。

注意点と他の投資信託との比較

investment

注意点

クォーターバック投資信託はレバレッジを活用しているため、相場状況に合わせて組入比率を変更することが難しく、予期せぬタイミングで大きな損失が発生する可能性があります。

また、評判もあまり良くなく、NISAとiDeCoには対応していないことから、他の投資信託と比較して慎重に選択することが求められます。

他の投資信託との比較

直近の3年間でのパフォーマンスを見ると、クォーターバック投資信託はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)や米国成長株投信に比べて劣っています。最大下落率も15.11%と高く、リスクが伴う投資であることを認識しておくことが重要です。

他の低コストのインデックスファンドとの比較や、信託報酬や手数料などのコスト面を総合的に考慮して、クォーターバック投資信託が投資家に適したものかどうかを判断しましょう。

まとめ

クォーターバック投資信託は、リスク・リターンのバランスを追求する投資信託であるものの、レバレッジを活用していることからリスクが伴います。また、他のインデックスファンドや投資信託と比較して手数料が高く、初心者にはあまりおすすめされない商品です。

投資家は、運用期間や他のファンドとの比較、投資対象と特徴、注意点などを総合的に考慮し、適切な投資判断を行うことが重要です。市場変動に適応しながら利益を上げる戦略を追求するクォーターバック投資信託ですが、そのリスクとコストを理解した上で検討することが求められます。


</html