FX

FX自動売買ツールのメリットとデメリットを徹底解説!

finance






FX自動売買ツールの利点とデメリット

はじめに

この記事では、FXの自動売買ツールについて解説していきます。自動売買は、コンピューターが設定された条件に従ってトレードを実行することで、24時間チャンスを逃さず取引ができ、感情に左右されずに取引ができるという利点があります。また、初心者向けのシステムや専門的な知識が必要ないシステムが存在することから、多くの投資家に利用されています。しかし、自動売買にはデメリットも存在し、相場の変化に素早く対応ができないことや、設定が難しいこともあります。それぞれの特徴や注意点を理解し、自分に合ったツールを選ぶことが重要です。

自動売買のメリット

trading

自動売買は、機械が取引を行うため、人間が取引に関与しないことで感情に左右されることなく取引が可能となります。これにより、冷静な判断で利益を最大化できるチャンスが広がります。また、次のようなメリットが挙げられます。

24時間チャンスを逃さず取引ができる

FX市場は、世界中の国々で取引が行われており、24時間ほぼ連続的に動いています。自動売買を使用することで、常に市場を監視し、自動的に取引を行うため、眠っている間にもチャンスを逃さず取引することができます。

さらに、自動売買は、高速な注文実行が可能であり、短期間に多くの取引を行うデイトレードやスキャルピングを行う場合でも、素早くチャンスを掴むことができます。

感情に左右されずに取引ができる

人間が取引を行う場合、利益が出ることを期待してルールに反して損失ポジションを保持し続けたり、利益を急ぐあまり早まって損切りを行ってしまうことがあります。自動売買では、これらの感情的なミスを防ぐことができます。

自動売買はプログラムによって取引ルールが厳密に守られるため、ルール通りに損益を管理し、トレードプランに従った取引ができることが期待できます。

自動売買のデメリット

trading

自動売買にも、デメリットや注意点が存在します。ここでは、その主なデメリットについて解説します。

相場が急変しても臨機応変な対応ができない

自動売買は、あらかじめ設定された条件に従って取引を行うため、相場が急変した場合に迅速に対応することが難しいというデメリットがあります。例えば、大きな経済指標の発表や政治的なイベントによって相場が急変した場合、自動売買システムは素早く判断を変更することができず、損失を被る可能性があります。

これに対して、人間が取引を行う場合は、これらの情報をリアルタイムでキャッチし、素早くトレード戦略を変更することができます。

ツールの設定が難しい

自動売買では、取引ロジックを設定する必要がありますが、これにはある程度の競技知識や経験が必要となります。特に、独自の取引戦略を持つ場合には、それを明確にプログラムに落とし込むことが難しく、しっかりとした戦略を持っていてもうまく設定できないことがあります。

また、一部のツールは設定が難しく、初心者にはとっつきにくいことがあります。設定が難しいツールを使っても、効果的な自動売買ができない場合があるため、これらのツールの選定や、設定方法について学ぶことが重要です。

自動売買ツールの種類

trading

自動売買ツールには、大きく分けて「開発型システムトレード」と「選択型システムトレード」の2つの種類があります。それぞれの特徴や利点・制約を理解し、自分に合ったツールを選ぶことが重要です。

開発型システムトレード

開発型システムトレードは、MT4(メタトレーダー4)などの取引ツールを使用し、独自の自動売買プログラムを設定して稼働させるタイプのツールです。プログラムは、自分で作成したり、プログラミング化されたものを購入したりすることができます。

開発型システムトレードの魅力は、自由なプログラム設定によって独自の取引戦略を実現できる点ですが、プログラムの作成や設定には専門知識が必要であり、初心者にとっては取っ付きにくいと言えます。

選択型システムトレード

選択型システムトレードは、あらかじめ内蔵された自動売買プログラムを選んで取引を開始できるタイプのツールです。初心者向けで知識が不要で手軽に始められるため、FX取引を始めたばかりの人におすすめです。

ただし、選択型システムトレードでは、プログラムの変更ができません。そのため、自分の独自の取引戦略を実現したい場合や、市場環境に応じてプログラムを調整したい場合には、開発型システムトレードの方が適しています。

おすすめのFX自動売買ツール

finance

ここでは、金融庁からの認可を得た国内FX会社が提供しているおすすめの自動売買ツールを紹介します。これらのツールは「手間をかけたくない」「コツコツ稼ぎたい」「FXの勉強はできるだけしたくない」と考えている人におすすめです。

みんなのシストレ(みんなのFX)

みんなのシストレは、最低必要資金が4,000円程度で「少額から」自動売買ができる貴重なツールです。優秀なトレーダーを選ぶことでコピートレードが可能であり、直近パフォーマンスだけでなく長期パフォーマンスも確認できます。

ただし、損切りライン・損切り回数のコントロールができないことや相場の急変動には弱いというデメリットもあります。みんなのシストレを始めるためには、超簡単な4ステップの設定が必要です。

まとめ

この記事では、FXの自動売買について、そのメリットやデメリット、ツールの種類、おすすめのツールなどを解説しました。自動売買は、24時間取引や感情に左右されない取引が可能であり、FX初心者にも利用しやすいツールがあるという利点があります。しかし、相場の急変に対応ができないことや設定が難しいこともあり、自分に合ったツールを選ぶことが重要です。

自動売買ツールを使いこなすためには、理論面、プログラミングなどの学習が必要ですが、適切な知識と設定ができれば、効果的な自動売買が可能です。これからFX取引を始める方や、既に取引されている方も、自動売買ツールを活用し、新たな収益の源とすることができます。