投資

投資信託入門: これから始める方への理解しやすいガイド

finance




はじめに

投資信託は、考慮すべきメリットとデメリットが存在します。初心者の方にも理解できるように、投資信託の仕組みやその魅力、始め方と上手な活用方法を紹介します。具体的には、投資信託運用会社で作られ、証券会社や銀行、郵便局などの販売会社を通じて販売されます。投資家から集めたお金はひとつにまとめられ、資産管理を専門とする信託銀行に保管してもらいます。運用会社は、投資先や投資方法を考え、指示を出し、信託銀行が投資の実行を行います。

投資信託のメリット

investment

投資信託のメリットは、プロによる運用、分散投資、少額投資が可能、透明性が高い、自分に合った投資信託を選べることなどが挙げられます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

プロによる運用

投資信託は、投資の専門家が運用を行うため、個人が専門知識や情報を分析する必要がありません。専門家が銘柄や金額を選んでくれるため、豊富な知識と経験を持つ運用会社が投資できる範囲が広がります。時間のない方や初心者にとって、この点は非常に魅力的です。

また、投資信託はさまざまな投資テーマや特殊な金融商品にも投資することができ、海外を投資対象とする場合も日本円で投資ができます。これにより、個人ではなかなか手が出しにくい投資先への投資が可能になります。

分散投資

投資信託は、資金を複数の銘柄に投資することができます。これにより、個別銘柄へのリスクを分散させることができます。また、国内外の株式や債券、不動産などにも分散投資が可能となります。

分散投資によりリスクを抑えることができるため、投資初心者やリスクを避けたい方にも適しています。特に、値動きの異なる複数の銘柄に投資できることから、全体のリターンを安定させることが期待できます。

投資信託のデメリット

investment trust

投資信託にもデメリットがあります。運用がうまくいかなければ元本を下回る可能性があり、手数料もかかることが挙げられます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

元本保証がない

投資信託は元本保証がないため、運用がうまくいかなければ元本を下回る可能性があります。これは株式投資や債券投資などと同様のリスクがあります。投資信託を購入する際のリスクは、投資家が負担することになります。

ただし、長期的な視点で投資を続けることで収益を安定化させたり、リスクを軽減することができます。そのため、長期的に資産運用を考える方には適していると言えます。

手数料がかかる

投資信託には手数料や運用管理費用などがかかりますが、具体的な金額は商品や保有金額によって異なるため、あらかじめ記載することができません。これにより、投資資金が圧縮されることがあります。

しかし、最近では手数料の安い商品も増えており、それらの商品を選ぶことでコストを抑えることが可能です。また、確定拠出年金やNISAでも利用できることから、長期での資産形成を目指す方にとっては魅力的な投資方法となります。

上手な投資信託の活用方法

investment

投資信託の上手な活用方法として、積立投資、資産の分散、長期保有、時間の分散があります。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

積立投資

積立投資とは、定期的に同一の投資信託を購入する方法です。これにより、基準価額の変動によるリスクを軽減することができます。短期的な価格変動に左右されず、長期的な視点で投資信託を購入することがポイントです。

積立投資を行うことで、投資信託のコストを抑えることができます。また、忙しい方や初心者に向いている方法であり、投資信託の継続的な購入により資産形成を行うことができます。

資産の分散、長期保有、時間の分散

資産の分散とは、投資資金を複数の投資信託に分けて投資することでリスクを軽減する方法です。また、長期保有により短期的な価格変動のリスクを軽減し、安定したリターンを目指すことができます。

時間の分散とは、一度に全ての資金を投資するのではなく、定期的に投資を行うことです。これにより、市場のタイミングに左右されず、また短期的な価格変動のリスクを軽減することができます。

ETFと投資信託の違い

finance

ETFと投資信託はいずれもプール型の投資商品ですが、違いが存在します。具体的には、ETFが証券取引所に上場されているため、市場で売買が行われる点です。それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

ETFの特徴

ETFは証券取引所に上場されているため、市場で売買が行われます。これにより、個人投資家は取引所を利用して容易に売買ができます。また、ETFはインデックスに連動して運用されることが一般的であり、アクティブ運用よりも低コストで投資ができるという特徴があります。

ただし、ETFは取引手数料がかかることが欠点です。また、取引所で売買が行われるため、市場での需給バランスによっては流動性が低下することもあります。

投資信託の特徴

投資信託は、1日1回算出される基準価額での取引となります。これにより、市場価格の変動によるリスクを軽減することができます。また、投資信託は簡単な設定で定期・定額の買付が可能であり、忙しい方や初心者に向いています。

しかし、投資信託は手数料がかかることが欠点です。そのため、できるだけ手数料の安い商品を選ぶことが重要です。

まとめ

投資信託は、投資初心者にもおすすめの資産運用方法です。メリットとしては、プロによる運用、分散投資、少額投資が可能、透明性が高い、自分に合った投資信託を選べることがあります。一方で、デメリットとしては、元本保証がないことや手数料がかかることが挙げられます。しかし、上手な活用方法を取り入れることで、投資信託を有効に活用することができます。最後に、選べる投資信託の中から最適なものを選び、自分に適した投資戦略を立てることが大切です。