NEWS

イーロン・マスクがツイッターを4,400億ドルで買収!株価はどうなる?

business

はじめに ― イーロン・マスクが4,400億ドルでツイッター買収へ

2022年4月25日、テスラとスペースXのCEOイーロン・マスクが、米国の情報発信プラットフォームであるツイッターを、総額4,400億ドルで買収することで合意しました。ウェブサイト「CourtListener.com」が米国の非営利団体「Free Law Project」から提供されている文書により明らかになったと報じられています。今回のブログでは、このツイッター買収について詳しく解説していきます。

取引内容 ― ツイッターの経営権がマスク氏に移行

Elon Musk

イーロン・マスクがツイッターを買収することで、ツイッターの経営権はマスク氏に移行し、情報発信の自由な場を更に追求することが期待されています。以下では取引内容について、詳しく解説していきます。

買収額について

今回の取引では、ツイッターの買収額が1株当たり54.20ドルに設定されました。これは取引前日の終値よりも38%上乗せされた水準となっています。しかし、昨年の株価70ドル台と比べるとまだ低い水準となっています。

この買収額に対して、ツイッター株を保有するボイヤー・バリュー・グループのマネジングディレクター、ジョナサン・ボイヤー氏は「ツイッターが転換に十分な時間を与えられていれば、マスク氏の提案を大きく上回る価格が可能だっただろう」と指摘しています。

買収後のツイッター ― 非公開化へ

イーロン・マスク氏によるツイッター買収が行われると、ツイッターは非公開化される予定です。これにより、ツイッターの株価に対する市場の影響が少なくなり、マスク氏の目指す方向性により一貫して取り組むことができるでしょう。

一方で、非公開化によりツイッター株主やその他関係者の利益がどのように変化するかについては、今後の経過を見守る必要があるでしょう。

マスク氏のビジョン ― ツイッターの改革へ向けた取り組み

technology

イーロン・マスク氏はツイッターの改革に意欲的であり、今後のツイッター運営において、言論の自由を重視したデジタルな広場を目指しています。以下では、マスク氏のツイッターに対するビジョンについて詳しく見ていきます。

投稿管理の見直しとアルゴリズムの公開

イーロン・マスク氏は、ツイッターによる投稿管理を批判し、投稿の表示順序を決めるアルゴリズムの公開を求めてきました。保守層の間では、マスク氏の下でツイッターによる投稿管理が少なくなり、トランプ前大統領など停止されたアカウントが復活することを期待する声が上がっています。

また、マスク氏は編集ボタンの導入や、大量のツイートを送るスパムボットの排除などに言及しており、これによりツイッター上の情報がより適切に管理されることが期待されます。

マスク氏がツイッター運営にどの程度の時間を割くか

イーロン・マスク氏はテスラとスペースXのCEOを務めるため、ツイッターにどれだけの時間を割くことができるのかは不明です。しかし、今回のツイッター買収により、マスク氏のツイッターに対する関心が高まり、より情報発信の場が活性化されることが期待されています。

ただし、OANDAのアナリスト、エドワード・モヤ氏は「ツイッター株主には朗報だが、マスク氏の関心がEV競争からさらにそれるのをテスラ株主は喜ばないだろう」と語っています。

今後の展開 ―取締役会の承認と株主投票を経て買収成立へ

business

今回の買収提案は、既に取締役会で承認されており、次のステップとして株主投票が行われる予定です。アナリストによると、規制上のハードルはないと見られており、スムーズな買収が予定されています。

買収成立までのスケジュール

マスク氏は先週、買収に向けた資金調達計画を公表し、双方の協議は週末に加速していました。ツイッター取締役会には他に選択肢がなくなった時点で、マスク氏が資金調達に目処をつけ、競合相手や友好的な買収者「ホワイトナイト(白馬の騎士)」が現れなかったことが述べられています。

ツイッターは声明で、マスク氏が255億ドルの融資を確保した上で、エクイティファイナンスを通じて210億ドルを提供すると述べています。これにより、マスク氏によるツイッター買収が成立することが期待されます。

買収後のツイッターの展望

イーロン・マスク氏によるツイッター買収が成立すれば、言論の自由を重視したデジタルな広場への転換が期待できます。マスク氏のリーダーシップと改革の取り組みにより、ツイッターはより活性化されることでしょう。

しかしながら、買収後のツイッターがどのような方向性を追求し、どのような展開が行われるのかは、今後の経過を待って確認する必要があります。

まとめ ― ツイッター買収による情報発信の自由な場の構築が期待される

イーロン・マスク氏によるツイッター買収が実現すれば、言論の自由がさらに保護されたデジタルな広場の構築が期待できます。買収後のツイッターがどのように展開されるのかは未知ですが、マスク氏のビジョンとリーダーシップにより、ツイッターが新たな方向性を追求し活性化されることが期待されます。

今後のツイッター買収の進展と、買収後のツイッターの動向に注目していきましょう。