FX

初心者のためのDMM FX通貨ペアガイド!21種類の選び方と投資戦略

forex

はじめに

外国為替証拠金取引(FX)は、世界中の通貨に投資することができる魅力的な投資手段です。FX初心者が最初に理解すべき基本的な概念のひとつは、通貨ペアです。DMM FXでは、21種類の通貨ペアが取引でき、メジャー通貨だけでなくマイナー通貨との取引も可能です。この記事では、有望な通貨ペアの選び方や、それぞれの通貨ペアについて解説します。

通貨ペアの基本

currency pairs

通貨ペアとは、二つの通貨の組み合わせで取引することを指します。通貨ペアにはメジャー通貨同士やメジャー通貨とマイナー通貨の物があります。メジャー通貨には米ドル、ユーロ、円などがあり、このような通貨ペアは流動性が高く取引しやすいです。一方、マイナー通貨には南アフリカランドやメキシコペソなどがあり、価格変動が激しいためリスクが高いですが、高金利の通貨が多くスワップポイントを狙った投資が可能です。

メジャー通貨について

FX初心者にはメジャー通貨同士の通貨ペアがオススメです。その理由は、値動きが比較的安定しており、リスクを低減できる可能性が高いからです。米国やヨーロッパなどの経済動向や通貨政策が大きく影響しています。また、メジャー通貨同士の通貨ペアは、スプレッドが狭くなっており、比較的スプレッドコストを意識せずに取引しやすいです。

人気の高いメジャー通貨ペアには、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドルなどがあります。特徴を理解した上で、それぞれの通貨ペアで取引を始めましょう。

マイナー通貨について

マイナー通貨は、通貨ペアで言うところのマイナー通貨とメジャー通貨の組み合わせです。これらの通貨ペアは、価格変動が激しくリスクがありますが、高金利の通貨が多く含まれているため、スワップポイントを狙った中長期投資が魅力的です。

ただし、リスクが高いため、FX初心者には通常オススメされません。しかし、自分の投資スタイルやリスク許容度に合わせて、取引を検討することも可能です。南アフリカランド/円やメキシコペソ/円などが代表的なマイナー通貨ペアです。

個別通貨ペアの特徴

currency pairs

各通貨ペアにはそれぞれ特徴があり、値動きの大きさや取引のしやすさなどが異なります。以下では、特に人気の高い5つの通貨ペアについて解説します。

米ドル/円

米ドル/円は、朝から昼過ぎにかけて緩やかな値動きを見せ、16時ごろから取引量が増え始めます。ニューヨーク市場がオープンすると取引が最も活発化します。米ドル/円は米国や日本の経済状況の影響を受けやすく、ファンダメンタルズ分析も重要です。

初心者にとっては取引しやすい通貨ペアのひとつであり、日本人投資家にも親しみやすい通貨ペアです。米ドルに関する情報が豊富であるため、投資判断に役立ちます。

ユーロ/円

ユーロ/円は、ユーロと円を組み合わせた通貨ペアで、比較的トレンドが出やすく初心者でも扱いやすいです。値動きが緩やかな朝から昼過ぎまで、ロンドン市場がオープンすると活発に動き始めます。ユーロ/円の値動きを見通すためにはユーロ圏各国の経済指標に注目する必要があります。

ユーロ/円は、ヨーロッパ経済の影響を受けやすいため、英国脱退(EU離脱)や、各国の通貨政策など、ヨーロッパの経済指標を確認しながら取引を行うことが重要です。また、ユーロのニュースが多く流れるため、その変動要因を把握しながら投資を進めましょう。

ポンド/円

ポンド/円はポンドと円を組み合わせた通貨ペアで、ボラティリティが高く値動きが激しいです。ロンドン市場がスタートすると活発な値動きを見せますが、初心者には取り扱いが難しい通貨ペアです。しかし、ボラティリティが高い分、利益を上げるチャンスも多くあります。

ポンド/円を取引する際には、英国の経済政策やEU離脱の動向に注意を払いながら、市場の変化に対応する必要があります。また、ニュースにも敏感であることが求められます。

ユーロ/米ドル

ユーロ/米ドルは世界一の取引量を誇り、流動性が高いため短期売買に適しています。値動きが活発になるのはロンドン市場とニューヨーク市場の動き出す時間です。ユーロと米ドルを組み合わせた通貨ペアであり、世界経済の動向に左右されやすいため、世界のニュースや指標をチェックしながら取引を行うことが重要です。

また、ユーロ/米ドルはスプレッドが狭いため、初心者にも取引しやすい通貨ペアと言われています。そのため、FX初心者に積極的にオススメされる通貨ペアのひとつです。

南アフリカランド/円

南アフリカランド/円は南アフリカランドと円を組み合わせた通貨ペアで、金利差を狙った中長期トレードが人気です。流動性が低くボラティリティが高いため、取引する際にはリスクに注意が必要です。南アフリカの経済や金融情勢、鉱物資源価格や中国の影響も値動きに影響を与えます。

南アフリカランド/円は、他の通貨ペアと比較してリスクが高いため、経験豊富なトレーダーや中長期投資を志す投資家にオススメです。見通しや戦略を立てた上で、リスク管理をしっかり行いながら取引を行いましょう。

取引時間について

currency trading

FX取引は、インターネットを通じて行われるため、24時間取引が可能です。ただし、各通貨ペアによって、活発な取引時間帯が異なります。ニューヨーク市場やロンドン市場が開いている時間帯は、取引量が増えるため、FX初心者には、その時間帯に合わせた取引がオススメされます。

ニューヨーク市場の時間帯

ニューヨーク市場は、日本時間の午後22:00にオープンし、翌午前06:00まで営業が続きます。この時期には、米ドル/円を始めとする、米ドルを含む通貨ペアの取引が活発になります。日本人投資家にとって、ニューヨーク市場の時間帯は非常に重要であり、多くの取引が行われます。

また、アメリカ経済の情報が多く発表される時間帯でもあるため、ファンダメンタルズ分析が重要です。アメリカを含む世界経済の最新情報をチェックし、取引の参考にすることが求められます。

ロンドン市場の時間帯

ロンドン市場は、11:00から翌午前04:00まで営業しており、この時間帯にはユーロやポンドの取引が活発になります。特にユーロ/円やポンド/円など、欧州関連の通貨ペアの取引が盛んです。

また、欧州経済に関する情報が多く発表される時間帯であるため、欧州の経済指標や政策をチェックし、取引の参考にすることが重要です。FX初心者にとっても、この時間帯は情報収集と取引のチャンスがあります。

まとめ

FX初心者には、まず通貨ペアを理解することが大切です。DMM FXでは、21種類の通貨ペアが取引でき、初心者に向いている通貨ペアからマイナー通貨ペアまで幅広く利用できます。通貨ペアの選び方や、それぞれの通貨ペアの特徴を理解し、自分の投資スタイルやリスク許容度に合わせた取引を行うことが成功への鍵となります。また、活発な取引時間帯を把握し、情報収集やタイミングに気を付けることで、FX取引を有利に進めることができます。