投資

投資信託の適切な買い時を見極める方法とは?

finance

はじめに

投資初心者の中には、投資信託の買い時がいつなのか悩んでしまう人も多いでしょう。基準価額だけで判断をすることはおすすめしません。投資信託は株式や債券などの証券を運用する手段のひとつで、初心者にも人気があります。しかし、そのタイミングを誤ると損失を出してしまったり、利益が見込めなくなってしまったりすることもあります。このブログでは、投資信託の買い時について解説し、あなたがより適切なタイミングで投資を行えるようになることを目指します。

買い時を見極める方法

investment

投資信託の中には、様々な種類があり、それぞれが異なった運用プロセスを持っています。そのため正確な買い時を特定することは難しいですが、一定の方法を用いることでそのタイミングを見極めることができます。以下では、買い時を見極める方法や注意すべき点を解説します。

基準価額を参考にする

投資信託の買い時のひとつの目安として、基準価額を用いることができます。基準価額は投資家が投資信託を購入する際の価格となります。通常は基準価額が低い時に購入し、高い時に売却することで利益を得ることができます。しかし、基準価額だけでは正確な判断をすることは難しいため、他の要素と併せて判断しましょう。

基準価額が低い時は、投資信託の運用する証券が割安であることを示すことが多いです。しかし、単純に基準価額が低いからといって、それ以上の価値になることを保証するものではありません。そのため、基準価額だけでなく、ファンドの運用方針や所定の投資対象となる証券の経済状況も考慮して判断しましょう。

経済指標を参考にする

投資信託の運用対象となる証券は、国内外の経済状況に大きく影響を受けます。そのため、買い時を見極めるためには、経済指標を参考にすることが重要です。経済指標は経済成長やインフレ率、失業率などの様々な要素を総合して評価されるもので、投資信託の将来的なリターンにも影響を与えます。

例えば、景気回復が見込まれる時期に投資信託を購入することで、証券価格が上昇し、利益が見込まれることがあります。また、世界経済が好調であれば、海外投資を中心とした投資信託も適切なタイミングで購入することができるでしょう。ただし、経済指標は予測が難しいため、専門家の意見も参考にしましょう。

積立投資の利用

investment

投資信託の買い時を見極めることは難しく、多くの人が苦手としています。そのため、買い時を気にすることなく、一定の金額を定期的に投資する積立投資が初心者に適しているとされています。

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法は、投資信託の購入時に毎月一定額を投資し、時価総額が高い時に少ない数量を、低い時に多くの数量を購入する方法です。これによって、投資対象の価格が一時的に高騰したり、下落したりすることによるリスクを分散することができます。

この方法は、投資初心者が投資信託を選ぶ際に非常に有効であるとされています。投資適格額をあらかじめ決めることで、投資家は自分の資金管理や目標達成に専念しやすくなります。また、ドルコスト平均法は毎月定額を投資するため、継続的に資産を増やすことができます。

積立投資を始める際の注意点

積立投資を始める際には、以下の点を注意して選択しましょう。まず、金融機関によって投資信託の種類や利用できるツールが異なります。そのため、自分の投資スタイルや目標に適した金融機関を選ぶことが大切です。また、手数料や運用コストが低い投資信託を選択することで、運用益をより大きく確保することができます。

さらに、積立投資は長期間にわたって行うことを前提とした投資法であるため、資金がしばらく必要とされないことを考慮しましょう。短期間で大きな利益を得ることを目的としている場合は、積立投資ではなく、別の投資手法が適しているかもしれません。

リバランスを活用する

investment

投資信託を運用する上で、リバランスを活用することも買い時を見極める方法のひとつです。リバランスは、資産配分の比率を調整する過程で買い増すことができるため、安くなった投資信託を購入するチャンスが生まれます。ここでは、リバランスを活用する方法について解説します。

リバランスの方法とタイミング

リバランスは、投資家が定めた資産配分(株式、債券などの割合)が偏らないように、定期的に調整します。リバランスを行うタイミングは、あらかじめ決めておくことがおすすめです。例えば、毎年、半年ごと、または四半期ごとなどのタイミングで実施することが一般的です。

リバランスの際には、運用価値が上昇した資産を売却して、運用価値が下落した資産を買い増すことによって、資産配分の比率を調整します。このプロセスで、運用価値が下降している投資信託を安い時に購入するチャンスが生まれるため、買い時を逃さずに済みます。

リバランスの注意点

リバランスを行う際には、以下の点に注意して実施しましょう。まず、リバランスはあくまで資産配分の調整を目的とするため、無理に売買を行ってリスクを増やさないよう注意が必要です。また、リバランスのタイミングであまりにも大きな損失が発生する場合は、リバランスを延期して状況の様子を見ることも一つの方法です。

さらに、リバランスを行う際には、売却益や売却損の税務処理に注意が必要です。特に、NISA口座で投資信託を運用している場合は、非課税期間が終了した際に利益が出ている場合、リバランスを行う前に、まず非課税認定失効対策を検討しましょう。

まとめ

投資信託の買い時を見極めることは難しく、初心者にとっては特に悩むポイントです。しかし、基準価額や経済指標を参考にすることで、適切なタイミングを見極めることができます。また、積立投資やリバランスを活用することで、買い時を逃さずに投資を行うことができます。

投資信託での資産運用は、適切な知識と判断力を持ち、自分に合った投資方法を選ぶことが大切です。今回紹介した方法を参考に、あなたに適した買い時を見極めてみてください。