FX

FXとは?初心者にもわかりやすい外国為替取引の魅力と基本概念!

forex





FXとは

はじめに

FXとは、外国為替証拠金取引のことで、ある国の通貨を別の国の通貨に交換する取引のことを指します。取引の魅力として、少額で大きな金額の取引ができる「レバレッジ効果」や取引コストの安さなどが挙げられます。さらに、FX取引はほぼ24時間取引が可能であり、各市場には特徴があります。

FXの基本概念

currency trading

FXとは、「Foreign Exchange」の略称で、異なる通貨を交換することを表します。FX取引では、「差金決済」という仕組みで行われ、実際に通貨を手元に持つことはありません。

為替差益とスワップ収益

FXで得られる利益は、「為替差益」と「スワップ収益」の2つがあります。為替差益というのは為替レートの変動によって得られる利益で、スワップ収益というのは金利の差によって得られる利益です。為替差益を獲得するためには、相場を読んで割安な通貨を購入し、割高な通貨を売却することが必要です。

スワップ収益は、取引通貨の金利差によって決まります。高金利通貨を買い、低金利通貨を売ることでスワップ収益を得ることができます。逆に、低金利通貨を買って高金利通貨を売ると、スワップ支払いが発生します。

レバレッジとは

FX取引では、「レバレッジ」という仕組みを利用することができます。レバレッジとは、少ない証拠金で多額の取引ができる仕組みのことで、個人投資家の場合、最大25倍の取引が可能です。このため、自己資金が少なくても、大きな取引を行うことができます。

ただし、レバレッジが高いほど、リスクも高まります。つまり、利益が大きくなる可能性がある一方で、損失も大きくなることがあります。そのため、自分に合ったレバレッジの設定を行い、リスク管理に十分注意することが重要です。

FXの主要市場

financial market

FX取引は、ほぼ24時間取引が可能であり、世界各地の市場が連動して動いています。市場にはそれぞれ特徴があり、その動きに応じて戦略を立てることが大切です。

ウェリントン市場

ウェリントン市場は、ニューヨーク市場が閉まってから始まり、1日の中で一番取引参加者が少ない市場となります。そのため、取引量が少なく、為替レートの変動が大きくなりやすいため、注意が必要です。

ウェリントン市場での取引は、主にオセアニアの通貨に関心を持つ投資家が行うことが多く、日本やアジア圏の投資家にとっては、その動向をウォッチすることが重要です。

東京市場

東京市場は、日経平均や本邦実需勢に影響を受ける取引が中心となります。特に東京市場の仲値が決まる午前9時55分にかけての取引が活発で、このタイミングを狙った取引戦略が有効です。

また、東京市場はアジア圏の中心市場であり、その動向によってアジア時間帯の通貨相場に影響を与えることがあります。そのため、他のアジア圏市場と連動した取引を行うことも考慮すべきです。

ロンドン市場

ロンドン市場は、世界の中心市場であり、圧倒的な取引量があります。特に欧州系通貨ペアの変動が激しく、その動きに応じた取引が求められます。また、ロンドン市場と東京市場が重なる時間帯には、取引量がさらに増えるため、そのタイミングを狙って取引を行うことも有効です。

さらに、ロンドン市場では、欧州中央銀行(ECB)や英国中央銀行(BOE)の政策金利や経済指標の発表が行われることが多く、それらの発表によって為替相場が大きく変動することがあります。そのため、経済指標の発表をチェックしながら、その影響を含めた取引戦略を立てることが重要です。

NY市場

ニューヨーク市場は、世界的にも影響力の高い経済指標が発表されるほか、NYダウや債券、商品、金利などがさまざまな要因でダイナミックな値動きをします。ニューヨーク市場では、主に米ドルを中心とした取引が行われますが、その動きは他の通貨ペアにも影響を与えるため、米ドルに関する情報を把握することが大切です。

また、ニューヨーク市場とロンドン市場が重なる時間帯には、取引量がさらに増え、為替相場の変動が大きくなることがあります。そのため、この時間帯を狙った取引戦略も有効です。

FX取引のリスク

forex trading

FX取引には、価格変動による損失リスクがあります。また、レバレッジ効果を利用している場合、損失が預け入れた証拠金を上回る可能性があるため、注意が必要です。以下では、FX取引におけるリスクについて説明します。

ロスカットと追証

ロスカットとは、FX口座に預け入れた証拠金が一定の証拠金維持率を下回った場合、保持しているポジションを自動的に清算することです。ロスカットは損失の拡大を防ぐ役割もありますが、意図しない損失が確定することもあるため、資金管理には注意が必要です。

証拠金維持率が低下すると、追加で証拠金を入金するよう求められることもあります。これを「追証」と言います。追証を入金しないと最終的にロスカットとなり、損失が確定してしまいます。

スリッページ

スリッページとは、注文時の価格と約定価格が異なることを指します。許容以上のスリッページが発生した取引はキャンセルされることもあります。スリッページは市場の流動性が低くなると発生しやすくなり、特に発表前後の経済指標や政治的なイベントなどで発生することがあります。

スリッページリスクを回避する方法として、指値注文や逆指値注文を利用することができます。指値注文は、指定した価格での取引を行いたい場合に利用され、逆指値注文は、指定した価格を超えた場合のみ取引を行うものです。これらの注文方法を使うことで、スリッページリスクを抑えることができます。

まとめ

FXとは、外国為替証拠金取引のことであり、ある国の通貨を別の国の通貨に交換する取引のことを指します。FX取引では、金利差や為替差益を利用して利益を得ることができますが、損失リスクも存在するため、注意が必要です。また、市場間の特徴を理解し、それらを利用した戦略を立てることが重要です。これからFXを始めたい方は、まずは市場の動向やリスクを理解し、自分に合った取引方法を見つけることが大切です。