FX

FX自動売買の魅力と注意点!効率的な取引方法を徹底解説

trading

はじめに

FXの自動売買について詳しく解説します。自動売買は、機械が自動的に売買を行うシステムです。メリットは24時間チャンスを逃さずに取引ができること、感情に左右されずに取引ができること、専門的な知識や分析が必要ないことなどがあります。デメリットとしては、相場が急変したときに臨機応変に対応ができないことや、設定が難しいことがあげられます。自動売買ツールは、開発型システムトレードと選択型システムトレードの2種類が存在します。

開発型システムトレード

trading

開発型システムトレードについて詳しく説明します。MT4などの取引ツールを使用して、外部の自動売買プログラムを設定し、運用します。

自作・購入の選択肢

プログラミング言語を使って自作するか、プログラム化されたものを購入することができます。プログラミングスキルと時間がある方は自作を検討しても良いでしょう。一方で、初心者や忙しい人は完成品を購入することをおすすめします。

購入する場合はインターネットで検索し、評判や実績を確認して選びましょう。また、購入前に無料デモや体験版を利用して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

設定が複雑な上級者向け

開発型システムトレードは設定が複雑であり、上級者向けです。しかし、自由にプログラムを変更できる柔軟性が魅力です。自分だけの売買ロジックを構築することが可能です。

ただし、プログラムを独自にカスタマイズする場合は、それなりの知識が必要なため、初心者は選択型システムトレードから始めることをおすすめします。

選択型システムトレード

automated trading

選択型システムトレードについて詳しく説明します。
あらかじめ内蔵された自動売買プログラムを選択し、取引を行うことができます。初心者におすすめの方法です。

初心者向けで手軽

選択型システムトレードは、初心者でも知識がなくても手軽に始められる方法です。プログラムの売買ロジックを変更することはできませんが、操作が簡単であり、すぐに取引が開始可能です。

料金面では、開発型システムトレードはプログラムの購入費用がかかる場合がありますが、選択型システムトレードは無料で多くのストラテジーから選択できます。また、選択型システムトレードを提供する取引所には、サポートが充実しているところもあるため、安心して利用できます。

自動売買プログラムの種類

プログラム型、リピート型、トレーダー型の3種類が主要な自動売買プログラムです。プログラム型は売買ロジックをプログラム化したもので、公開されているものや非公開のものがあります。リピート型はある通貨ペアを繰り返し売買するプログラムで、レンジ相場に強くスワップポイントの収益も期待できます。トレーダー型は実際の個人投資家の売買をもとに売買シグナルを生成し、プロ並みの取引が可能ですが、トレーダーの不振や取引停止のリスクもあります。

取引スタイルやリスク許容度、目指す利益に応じて自分に合ったプログラムを選ぶことが重要です。また、複数のプログラムを組み合わせることで、リスク分散ができるため、効果的な運用が可能となります。

FXの自動売買で注意すべきポイント

trading

FXの自動売買を利用する際に注意すべきポイントについて解説します。以下のような点に注意を払い、自動売買を効果的に利用しましょう。

相場状況に応じたプログラム選択

相場状況によって、自動売買プログラムの性能が変わることがあります。例えば、トレンド相場で有利なプログラムは、レンジ相場では性能が低下することがあるので、相場状況を把握して適切なプログラムを選ぶことが重要です。

また、複数のプログラムを併用することで、相場状況の変化にも対応できるポートフォリオを構築できます。様々な相場状況で利益を上げられるよう、バランスの良いプログラム選択が肝心です。

プログラムの設定・検証

自動売買プログラムを設定する際には、適切なパラメータ設定が重要です。過剰な期待を持ってリスキーな設定にすると、大きな損失を出すことがあるため注意が必要です。適切なリスク許容度を考慮し、設定しましょう。

また、設定したプログラムが十分に機能しているか、バックテスト(過去のデータを使って検証)やデモトレードを行って検証することが大切です。実際に利益が出るか確認してから、実際の運用に取り組みましょう。

トライオートFX

trading

トライオートFXをご紹介します。これはインヴァスト証券が提供する自動売買ツールで、リピート系の自動売買に加えて裁量取引にも対応しています。初心者から上級者まで幅広くおすすめできます。

セレクト機能とビルダー機能

トライオートFXには、簡単な設定だけですぐに自動売買を始められる初心者向けの「セレクト」機能があります。また、チャートを見ながら自分だけの自動売買を作成できる「ビルダー」機能も用意されています。これにより、自分に合った売買プログラムをカスタマイズできるため、上級者にも満足できるツールとなっています。

トライオートFX口座を開設する際には、ETFで自動売買にチャレンジできるトライオートETF口座も同時開設できます。これにより、ETF分野での自動売買にも挑戦できるようになります。

まとめ

FXの自動売買には、開発型システムトレードと選択型システムトレードがあり、それぞれの特徴と利点があります。初心者は選択型システムトレードから始めることをおすすめしますが、経験や知識がある場合は開発型システムトレードを検討しても良いでしょう。相場状況に応じたプログラム選択や設定の検証が重要であり、最適な自動売買環境を構築することが利益につながります。

最後に、おすすめの自動売買ツールとしてトライオートFXを紹介しました。同社のセレクト機能やビルダー機能を活用し、自分に適した自動売買プログラムを構築してみてください。