FX

ユーロズロチトラリピ戦略:2023年までの成長を見据えた高利益トレード法

finance





ユーロズロチトラリピ: 2023年を見据えた高収益戦略

はじめに

本記事では、ユーロズロチ(EUR/PLN)を対象としたトラリピ戦略について詳しく解説します。2020年まで運用され、利益を出している実績のある戦略であるユーロズロチは、相関性が高い通貨ペアであり、ポーランドの貿易がEU圏に依存しているため、EU圏の景気変動に連動しています。トラリピ戦略は、高値圏にあるため上昇余地が少なく、売りポジションを保有することでプラスのスワップを受け取れるのが特徴です。以下の項目において、ユーロズロチトラリピに関する情報をまとめています。

ユーロズロチトラリピの基本設定

finance

発注幅と利益幅のバランス

ユーロズロチトラリピは、設定A+Bで24万円、設定A~Dで50万円とすることで、狭めの利益値幅と広めの利益値幅をバランスよく運用できる戦略です。狭めの利益値幅を設定することで、ユーロ/ズロチの価格変動を効率よく利用できる一方、広めの利益値幅を設定することで長期的な価格下落に対応できます。

これにより、ユーロ/ズロチが上昇する場合は、レートをずらしながらスワップの受け取りと回転による決済益を狙います。一方、ユーロ/ズロチが下落する場合はポジションをホールドしてスワップ中心に切り替えます。このような柔軟な運用が、ユーロズロチトラリピの魅力であり、成功の秘訣と言われています。

運用資金割当の目安

ユーロズロチトラリピの運用資金割当の目安として、190万円から1,520万円までの範囲が示されています。これは元本回収が終了している戦略であるため、運用資金が余分に用意されることで、より安全な運用が可能となります。また、元本回収が終了していることから、更新通知を受け取るためのLINEやInstagram、Twitterでの情報発信も行われており、フォローすることで最新の情報を手に入れることができます。

運用資金割当の目安はあくまで目安であり、投資家個人の資産状況やリスク許容度によって適切な金額が異なります。初心者の方はまずは小額から始めてみるのがおすすめです。

取引できるFX会社とスワップポイント

forex

おすすめのFX会社

ユーロズロチトラリピでは、インヴァスト証券かトレイダーズ証券が最有力候補のFX会社として利用されます。インヴァスト証券はスワップが最適であるため、注意深く観察していく必要があります。また、ユーロズロチのスプレッドはFX会社によって異なりますが、みんなのFXやLIGHT FXが条件が良いです。スワップポイントもみんなのFXやLIGHT FXが高く、取引通貨単位も1,000通貨単位であるため、これらのFX会社がおすすめです。

手動トラリピならどこのFX会社でも行えますが、サトウカズオはみんなのFXで行っています。FX会社を選ぶ際は、スワップポイントやスプレッドだけでなく、サポート体制や口座開設の手続きの簡便さなども考慮して選ぶことが重要です。

スワップポイントの活用

ユーロズロチは高いスワップポイントが貰える高金利通貨ペアとして知られています。これはユーロ圏の通貨ユーロとポーランドの通貨ズロチという、金利差が大きい通貨ペアであるためです。トラリピ戦略では、売りポジションを保有することで高いスワップポイントを受け取ることができます。このスワップポイントを上手く活用することで、運用益をさらに高めることが可能です。

ただし、スワップポイントはFX会社によって大きく異なるため、運用するFX会社を選ぶ際にはスワップポイントを比較検討することが重要です。特に、みんなのFXやLIGHT FXはスワップポイントが高いことで定評があります。

ポーランド経済とユーロズロチの関係性

Poland economy

ポーランドの経済状況

ポーランドは、EU圏内で高い経済成長を維持している国の1つです。そのため、EU圏の景気変動に連動したユーロの価値に影響を受けやすい通貨ペアであるユーロズロチは、ポーランド経済を注視する必要があります。2021年通年での実質GDP成長率は5.12%と高水準となっており、ポーランドズロチ(PLN)はポーランドの好調な経済状況を反映しています。

ただし、世界的な経済情勢や地政学的なリスクがあるため、ポーランド経済の今後の動向に注目して、適切なポジショニングを行うことが重要です。

ユーロズロチと市場環境

ユーロズロチは、通常は欧州中央銀行(ECB)による利上げ観測など、ユーロ高・ズロチ安の方向性が主であることが多いです。しかし、ウクライナ情勢などの地政学的リスクや、ポーランド経済の変動によってユーロ/ズロチの動きが変わることがあります。

ユーロ/ズロチは高金利通貨ペアであり、保有しているだけでも高いスワップポイントが入ってきます。ユーロ/ズロチが高値圏で推移する際は、売り設定のトラリピ戦略が有効です。そのため、市場環境を注視し、適切なトラリピ設定を行うことが成功の鍵となります。

運用実績と注目ポイント

finance

運用実績とフォローすべき情報発信

ユーロズロチトラリピの運用実績は、元本回収が終了しており、投資家は比較的安定した運用益を得られる期待があります。また、投資家サトウカズオは、ユーロズロチを35万円で手動トラリピで運用しており、18週目の先週の利益は週間利益6,081円、累計利益26,468円でした。

運用実績や投資のコツについては、為替コヤジやサトウカズオのブログやSNSで発信されています。投資家がこれらの情報をフォローすることで、ユーロズロチトラリピに関する最新情報や運用のヒントを得ることができます。

新たな通貨ペアとしてスウェーデンクローナ/円の運用

ユーロズロチは、引き続き高い利益を狙える通貨ペアとして注目されていますが、スワップポイントが若干低下傾向にあるため、新たな通貨ペアとしてスウェーデンクローナ/円の運用を始める投資家もいます。ユーロズロチの運用実績は1年ちょっとの期間で278,452円の利益を出しており、年利30%以上の結果となっています。ユーロズロチとスウェーデンクローナ/円を組み合わせて運用することで、ポートフォリオ全体のリスク分散や収益向上が期待できます。

ただし、通貨ペアごとにリスク要因が異なるため、それぞれの通貨ペアに対する理解と適切なポジショニングが重要です。新たな通貨ペアを運用する際は、市場環境の変化に注意し、リスク管理を徹底することが大切です。

まとめ

ユーロズロチトラリピは、適切な設定と運用資金割当により、高い利益が期待できる通貨ペアとして注目されています。その魅力は、高いスワップポイントが得られる点と、ユーロ/ズロチの価格変動を効率よく利用できる点にあるため、市場環境やポーランド経済の動向を注視して適切なポジショニングを行うことが重要です。

また、スウェーデンクローナ/円の運用を組み合わせることで、ポートフォリオのリスク分散や収益向上が期待できますが、通貨ペアごとにリスク要因が異なるため、市場環境の変化に注意し、リスク管理を徹底することが大切です。ユーロズロチトラリピを始める際は、おすすめのFX会社やスワップポイントを比較し、運用実績や投資家の情報発信をフォローすることで、成功への第一歩を踏み出しましょう。