株式市場への投資

ゼロから学ぶ投資信託


バブルが弾けて以来日本はその後遺症に悩まされてきました。
株高に湧いたITバブルもライブドアショックで終わり、日本の株式市場は長い間低迷していました。
比較的短期間のうちに訪れる世界的な金融危機を見て「投資は危険」というイメージをすりつけられた人も多いかもしれません。
確かに金融商品への投資は、遊び半分でやるには危険すぎるものです。

日本では投資教育のレベルが低いために、投資に関する正しい知識が浸透しにくいという土壌があります。
それと同時に人々は将来に対する漠然とした不安も抱えています。
「なんとかして老後の資産を蓄えたい」という願いも切実なものとなっています。
今回のアベノミクスでの劇的な日本株の上昇は、人々の目を再び投資の世界に向けさせるのに十分な効果がありました。
全体からすれば数は少ないものの、素人から始めて成功しているデイトレーダーも多くいます。

しかし実際のところ投資がしたいと持っている人のほとんどは自らトレーダーになるには忙しすぎる毎日を送っているかもしれません。
そんな人に人気なのが投資信託です。
投資信託とは何でしょうか。
投資信託とは金融商品の一つで、投資家から集めたお金を一つのファンドに集め運用するというものです。
投資先は株式市場、債権市場、不動産、為替市場など様々です。

ファンドマネージャーという運用の責任者のリードの元投資が行われていきます。
ですから投資するあなた自身は膨大な時間を用いてチャートを研究するわけでも、各経済ニュースに張り付いている必要があるわけでもありません。
プロに任せようというわけです。
よく海外の経済ニュースで「ヘッジファンドが潰れて顧客のお金が宙に浮いている」というような話しを聞きますね。
投資信託の場合は、ファンドそのものが資金の全てを管理するわけではなく、信託会社が投資家から集めたお金を分別管理しています。

ですから運用会社がかりに倒産したとしてもあなたの大切なお金が守られるというわけです。
いかがでしょうか。
投資信託に興味が湧いてきましたか?
ゼロから始めるなら投資信託はわかりやすく、時間も取られないので、忙しい毎日を送っている方にピッタリの金融商品と言えるかもしれません。