株式市場への投資

収益の分配方法の種類


投資を行なう人にとって、いつその利益を受け取ることができるのかというのは関心の的です。
実際投資信託の場合も、利益の分配方法は一つではありません。
その前にまず投資信託の分配金はどういった形で生まれるのでしょうか。
一つは債権の利子や株式の配当収入などがあります。

それが投資家の口数に応じて支払われるということです。
もう一つは単純に金融商品売買差益によって得られる利益です。
簡単に言うと買った株が上がったので売却した場合の利益などです。
ということはこうした収益が相場状況によりあまり得られなかった時は分配金は減ってしまうのでしょうか。
そのとおりです。

時によっては支払われない可能性もあります。
さて実際に分配金が順調に受け取れる場合のことを考えましょう。
実際にはどのような頻度で受け取ることができるのでしょうか。
単純に毎月決算が行われその都度分配金が支払われる方法もあります。

これが最も一般的かもしれません。
または毎月分配金が受け取れて、さらに売買差益で利益があった場合にはボーナス的に分配金を受け取ることができる「毎月決算+運用実績型」という分配方法もあります。
売買差益で分配できるほどの利益が出るわけですから、株式投資などを行なう高配当タイプのファンドに投資した場合にこのタイプの分配方法が用いられます。
さらには一年で二回または四回に分けて分配金を受け取るタイプの分配方法もあります。
こうした分配方法も考慮に入れて投資先を決める必要がありますね。

さて、毎月分配金をもらえるというのは精神的には楽かもしれません。
しかし中には「自分はもっと長期的な目で増やしていきたいから毎月もらえなくていい」という方もいらっしゃるでしょう。
そういう方には分配金再投資という方法があります。
簡単にいうと発生した利益を元本に加えることによって、資本額を大きくし、複利で運用していくということです。
そのように複利運用を長い機関続けるならば毎月分配金を受け取ってしまうよりも大幅に大きな利益を最終的に受け取ることができるかもしれません。
いかがですか?
あなたにはどの分配方法が合っているでしょうか。