株式市場への投資

絶対収益型ファンドとは


投資を行なう場合、リスクが全くないということはありません。
リスクを極力絞ることはできますが、そのような運用の仕方であれば、当然リターンも少なくなります。
世界的に株高の時しか儲けられないのでは、長期的に高いリターンは望めません。
ある程度リスクを取って、高いリターンを望む人はどのような投資を選ぶことができるでしょうか。
「絶対収益型ファンド」というものがあるのをみなさんご存知でしょうか。
これはどのようなファンドの事でしょうか。
間違えてはいけないのは「リスクがゼロで絶対利益しか出ないファンド」のことではないということです。
そんなファンドは存在しません。

そうではなく絶対収益型ファンドとは「相場状況がどうであれ、なにがなんでも利益を狙いにいくファンド」ということです。
皆さんもヘッジファンドという言葉をいろんな所で聞いたことがあると思います。
ヘッジファンドに代表されるように、絶対収益型ファンドは上昇相場でも下落相場でも積極的に高いリターンを求めていきます。
空売りを含めた攻めの投資戦略はこれぞ投資の醍醐味という激しいトレーディングスタイルと呼べるでしょう。
皆さんはどのような投資を思い浮かべているでしょうか。
とにかくリスクを絞りたいですか?
それともとにかく利益を追求したいでしょうか。
投資を考えるくらいですから当然利益を求めているわけですが、リスクとリターンに対する考え方は人それぞれです。

もしもある程度の高いリスクを取ってでもそれに見合う高いリターンを求めているのであれば、こうした絶対収益型ファンドへの投資を考えてみるのも良いかもしれませんね。
相場が上昇しているときしか儲からないのでは、これからの金融市場で生き残るのは難しいでしょう。
なぜなら単純に考えても上昇相場のときもあれば下落相場の時もあります。

さらに上下にゲジゲジするだけのレンジ相場もあります。
つまり手放しで喜べる上昇相場など全体からすると本当に短期間だけなのです。
一方金融危機による激しい下落相場は増える傾向にあります。
ですからこれからは特に絶対収益型のファンドへの投資を真剣に考えてみるべきかもしれません。