株式市場への投資

ETF(上場投資信託)とは


投資の世界ではリスクを取るほどリターンも大きいというのは常識です。
しかし投資経験の少ない方はとにかくリスクが心配で、MMFやMRFに投資する方も多いかもしれません。
しかしもう少しアグレッシブに利益を狙っていきたい場合、株式市場に目を向ける方も多いでしょう。

株式市場に目を向ける場合忘れてはいけないのが「株価指数」というものです。
例えばこれは東証株価指数、日経平均の株価の指数、NYダウの株価指数など様々なものがあります。
こうした株価指数に連動する金融商品でETFというものがあります。
ETFに投資するということは、例えば東証株価を形成する一部の企業の株に投資をするわけではなく、東証株全体に投資をしているようなイメージになります。
ETFも様々な形を取り、投資信託の形態を取っていないものや、海外のETFも存在しているので、注意深く吟味する必要があります。

具体的に他の一般的に投資信託とどのような違いがあるでしょうか。
通常の投資信託は顔なじみの銀行の窓口で購入することができますが、ETFは証券会社で購入します。
投資信託は1万円程度の少額から投資可能なのが売りですが、ETFの多くは10万円程度の資金が必要な場合が多いです。
さらに投資信託との大きな違いは注文の仕方です。
普通の投資信託の場合は、各市場の明確な価格を理解して購入に踏み切るわけではありません。

しかし指数との連動を目指すETFでは指値注文、つまり自分でこの値段まで来たら買おうというのを実行できるというわけです。
さらにETFでは通常の投資信託ではできない信用取引を利用できるのも大きな違いです。
こうして考えてみると投資初心者にはあまり聞きなれない言葉が多くでてきますね。
むしろすでに投資の経験があったり、自身もトレーダーとしての経験がある人にとってはETFは魅力的でおもしろい金融商品かもしれません。
いずれにしても自分のスタイルと目指す資産形成の形、そしてなによりもリスクをよく考えて投資決定をしてゆきましょう。